NEW

心理学的アプローチで分析する、「夢を語るけど実行できない人」9つのタイプ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※画像: 『行動イノベーション』(大平信孝/著、秀和システム/刊)

 「今年こそダイエットする」

 「お金持ちになりたい」

 「起業して自分のビジネスを興したい」

 などなど、私たちは何かしら願望や夢を持っているものですが、だいたいが叶わずに終わるのが現実です。これはいったいなぜなのでしょうか。

 才能があるかないか、というのももちろんその理由の一つですが、それよりも大きなのは「行動しないこと」。やりたいことや目標があっても、それを叶えるための行動をせずに「口だけ」で終わってしまう人はとても多いのです。

 『行動イノベーション』(大平信孝/著、秀和システム/刊)は、そんな人に向けて、行動を起こし続けるために必要なことを教えてくれます。

 本書によると「口だけ」で終わる人には、こんなタイプがあるそう。あなたはどれに当てはまりますか?

■言い訳をする


 「時間がないから」「お金がないから」「自信がないから」「やったことがないから」と、何かと「できない」理由をつけては行動しないタイプです。

■心配をする


 「失敗したらどうしよう」「これが原因で失業したらどうしよう」と、うまくいかなかった時のイメージが先行して行動を起こせないタイプ。

■諦める


 「この歳で今さらはじめるなんて…」「あと10年若かったらやっていたんだけど…」と、「もう遅い」という理由で行動しないのがこのタイプです。

■学び足りない気がする


 「実践するにはまだ学び足りない」「もっと技術を身につけてからの方がいい」など、このタイプは準備不足を理由に実戦に挑みません。そして、いつまでも勉強ばかりしています。

■アレもコレもやりたい


 やりたいことがたくさんありすぎて、何から手をつければいいのかわからないというタイプです。「やりたいことがたくさんある」という状態に満足していることも。