NEW

“夢の国”ディズニーRの現実 悪口を言い合う舞台裏、多くのパワハラ、キャスト使い捨て

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オリエンタルランドユニオン「なのはなユニオン HP」より
「週刊ダイヤモンド」(ダイヤモンド社/8月9・16日号)は『最強のテーマパーク』という特集を組んでいる。東の優等生東京ディズニーリゾートと西の商売人ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)を比較した特集だ。その特集の中で『世界観創造の舞台裏に潜入 ディズニー流人材教育の全て』という記事がある。

「アルバイトが9割のディズニーはなぜレベルの高いサービスを提供できるのか。ディズニー哲学をたたき込む教育制度と、モチベーションを高く保つための“褒め合う仕組み”があった」として、東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランド本社内にある研修施設「ディズニー・ユニバーシティ」で全てのキャスト(従業員)が最初に受ける導入研修を紹介している。

「ディズニーの世界観を紹介し、見事なほどにキャストに刷り込んでいくのだ。パークは『青空を背景にした巨大なステージ』で客(ゲスト)を魅了する役者になるのが、キャストの仕事。単純に業務をこなすのはNGで、全ての職種においてショーを演じるのだ」(同記事より)

 同記事は、ここからホスピタリティあふれるキャストが誕生するとしているが、実際はこの研修がキャストとしてのスタートであると同時に、ディズニーリゾートの現実に直面し落胆するスタートになるという。

●元キャストが語る内部事情

 ディズニーリゾートの知られざる実態を語るのは、オリエンタルランドユニオンだ。オリエンタルランドユニオンとは、オリエンタルランドから今年3月~4月に解雇された従業員たちが結成した労働組合で、現在、オリエンタルランドに対し、労働環境の改善を要望している。

「キャストはバックステージ(パーク外の関係者専用エリア)を走る園内バスを使って移動することが多いのです。このバスに研修を終えたばかりの新人が乗ってくると、すぐにわかります。彼らはディズニー仕様に装飾されたバスに感動していますし、何より希望にあふれています。しかし、数週間後には他のキャストと同様に、リーダーや先輩キャスト、ゲストの悪口を仲間と言い合うようになるのです」(オリエンタルランドユニオン)

 というのも、ディズニーリゾートはオペレーションの多くを準社員(アルバイトなど臨時雇用者)が行っている。大きな権限を与えられた準社員のリーダーの下、ある種の力関係のヒエラルキーの中で働かざるを得ないために不満が募る。パワハラも多く、園内バスや食堂では不満の声ばかりが飛び交っているという。

 また、マスコミで紹介されるディズニー流人材教育には、「ディズニー・ユニバーシティ」での導入研修とともに、サンクスデーがある。これは、1年に1度、東京ディズニーリゾートで働く準社員のためだけに閉園後のパークを貸し切り、上司である役員や社員がキャストとなり、準社員をゲストとして迎えるというものだ。