NEW

片づけられない人には、ある「才能」が隠れている!? 共通する“心のクセ”とは

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※画像:『すごい片づけ』著:はづき虹映/河出書房新社

 もう11月。いよいよ2014年も残すところ少なくなってきました。

 そんな中で当然頭の中に入ってくるのが、部屋の大掃除。いちおう見える部分だけはちゃんと掃除をして片付けているけど、タンスの奥はぐちゃぐちゃ…なんていう人は少なくないはずです。

 片づけたいけど、片づけるのが面倒くさい、かったるい。その思いはどうして生まれるのでしょうか。はづき虹映さんは『すごい片づけ』(河出書房新社/刊)の中で、その理由を次のように述べます。

 「ズバリ!片づけたくないからです」

 アタマでは片づけたいと思っている。でも、心の深いところでは片づけたくないと思っている。この矛盾が生まれているから、片づかないのだとはづきさんは述べます。

 「片づけ」とは単に部屋をきれいにすることだけではありません。その本質は、「決着をつけること」なのです。

■片づけとは『カタをつけること』!!


 つまり、「自分の過去の思いに決着をつけること」こそ、片づけの本質。はづきさんは、ここに「片づけの真意」が隠されていると断言します。

 普通、「片づけ」と聞くと、「捨てる」「掃除をする」「常に整理整頓を心がけ、きれいな状態を保つ」といったことをイメージしますよね。でも、はづきさんの言う「片づけ」にはそういった概念は入ってきません。「片づけ」とは、あくまで自分の思いを決着させ、それを形にあらわすこと。今の部屋の状態でも、あなた自身が「決着している」と思えば「片づけ」は終わっているのです。

 「今の部屋の状態じゃダメ、もっと片づけないと…」という思いがある限り、片づけは終わりません。それは、あなたの思いにカタがついていないから。どんなに優れた片づけ術を実行しても、本心からカタがついていると思えなければ、「片づけた」とは言えません。

■片づけられないモノには「才能」が隠されている?


 あなたが片づけたいモノはなんですか? 洋服、アクセサリー、化粧品、健康器具、本や雑誌…。もしくは特定のモノではなく玄関やリビング、寝室、水回りなど、特定の「場所」を片づけたいと思っている人もいるはずです。