NEW

まるでミスド…セブンの新主力ドーナツ、ここまで似てると問題では?ミスドは歓迎の謎

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ローソン店舗内のドーナツ販売コーナー
「まるでミスド」――。10月下旬から関西のセブン-イレブンの店舗での導入が始まった「セブンカフェドーナツ」。最寄りの専用パン工場の専用設備で1日2回生産、製造後3時間以内に店舗に配送し、店舗には専用ボックスをレジ横に置いて販売する。「ざくざく」「ふんわり」「もちもち」の3種類の食感の商品を揃え、製造方法も配送時の包装形態も商品特性に合わせたものを採用。専用ボックスは最適な湿度、温度管理機能を備えたものを使うという。

 セブンカフェの爆発的なヒットで缶コーヒー市場が大打撃を受けたことは記憶に新しい。セブンの参入でドーナツ市場勢力図が変わる可能性を秘めているだけに、話題性は十分。インターネットで実際に購入したユーザーによる数ある書き込みをみてみると、共通する感想が冒頭の「まるでミスド(ミスタードーナツ)」である。

 セブンカフェドーナツは、来年8月までに全国のセブン店舗で販売が始まる計画で、東京都内はまだ試験段階。扱っている店舗はわずか10カ所であり、どの店舗で売っているのかは「今扱っているのは年明けから販売する商品と異なるし、まだ実験段階なので非公開」(セブンを展開するセブン&アイ・ホールディングス広報)。筆者の行動半径上にあるセブンの店舗数カ所でヒアリングをかけてみたところ、「どこで売っているのかは聞かされていない。少なくとも東京都内のFCで扱っているところがあるという話は聞いたことがない」「ここ数日、よく聞かれるが、東京の店で扱えるようになるのは年明け以降だと聞いている」といった答えが返ってきた。

 このため、11月27日にセブン自身が開示したリリースに掲載されている写真や、HP上の商品説明ページで確認したところ、本当に「まるでミスド」だった。リリースに載っていたのは、「チョコオールドファッション」「もちもちいちごリングドーナツ」「もっちリングドーナツ」など6種類だが、HP上には全部で11種類が掲載されていた。チョコオールドはミスドの「チョコファッション」にうり二つ。もちもちいちごは同「ポン・デ・ストロベリー」によく似ている。ただ、ポン・デ・リングがボール型の生地を8個リング状に連結した形をしているのに対し、もちもちいちごは5個連結。だが、セブンの「もちもちスイートリングドーナツ」は、ミスドのポン・デ・リングと同じ8個連結。見た目はうり二つだ。セブンの「ふんわりリングドーナツ」もミスドの「ハニーディップ」によく似ている。

 現時点では商品を入手できないので味や食感まで似ているのかどうかはわからないが、少なくとも形状や大きさが多数の書き込み通り「まるでミスド」であることは間違いない。しかも値段は基本的に税込みで100円。ミスドは最低でも110円、主流は140円以上なのでかなり割安だ。

●日本人にとってのドーナツはミスド?


それにしても、ここまでミスドの商品に似ているのは問題ではないのか。ミスドの米国本社から訴訟を起こされることはないのだろうかという疑問が湧くのだが、実はその可能性はゼロ。というのも、ミスドの製品は1984年以降に新たに発売になったものはすべて日本のミスドのオリジナル商品だからだ。