NEW
高井尚之が読み解く“人気商品”の舞台裏

Jリーグクラブの厳しい懐事情 黒字は少数、激しい収入格差…命運握るGM?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ヴァンフォーレ甲府 HP」より
「現象の裏にある本質を描く」をモットーに、「企業経営」「ビジネス現場とヒト」をテーマにした企画や著作も多数あるジャーナリスト・経営コンサルタントの高井尚之氏が、経営側だけでなく、商品の製作現場レベルの視点を織り交ぜて人気商品の裏側を解説する。

 3月7日から新シーズンが始まる日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)。日本代表チームの不振や代表監督交代などサッカーの話題には事欠かない状態だが、各チームはキャンプや練習試合などをこなし、開幕前の戦力強化に余念がない。

 山梨県甲府市を本拠地とするヴァンフォーレ甲府(以下、VF甲府)もその1つだ。2008年10月から同クラブのゼネラルマネジャー(GM)を務めるのが、かつて大宮アルディージャで、監督、強化・育成部長を務めた佐久間悟氏だ。現在、ヴァンフォーレ山梨スポーツクラブ専務取締役を兼務する佐久間氏にGMの役割や戦力整備について聞いた。

GMの役割

「日本サッカー界におけるGMの定義はいまだに明文化されていません。そのためクラブによって、トップチームの整備を中心とするケースや、経営に関わるケースなど、役割はさまざまです。私の場合は、経営陣の一角としてチーム整備やアカデミー(育成)の責任を任され、近年は行政や地域と連携してVF甲府や山梨県のブランドづくりにも携わっています」

 こう話す佐久間氏は、クラブ年間予算の約半分の事業執行権を持つ、チーム強化の最高責任者だ。チームづくりの仕事は常に発生する。昨年VF甲府は、Jリーグ1部(J1)で13位となり自力残留を果たした。06年にJ1初昇格を果たして以来、J1とJ2を行き来し続けてきたが、今季は初めて3年連続J1の舞台で戦う。

 だが、昨季終了後に城福浩監督が辞任を表明し、慌ただしいオフシーズンとなった。佐久間氏は急遽、後任監督の選定に動いた。日本人、外国人候補者の中から合意に達したのは、横浜F・マリノス前監督の樋口靖洋氏だった。

「戦力的に厳しいVF甲府がJ1残留を果たせたのは城福さんの力が大きいが『年齢を考えると次の道に進みたい』と決意は固く、辞任を受け入れました。新監督の選考基準としては、社会性、経験、実績、リーダーシップ、話題性、経費の6項目から総合的に判断しました。樋口さんは情熱的で人格者でもあります。14年元日の天皇杯では、マリノスに優勝ももたらしました。VF甲府のようなクラブでも、選手をその気にさせる優勝への憧れは重要です」

 実は樋口氏は、かつて佐久間氏が大宮アルディージャ監督退任後の07年に、後任監督として招聘した人物だ。樋口氏にとってJ1監督としての第一歩が大宮だった。もちろん、そんな情緒的な理由で選任したわけではない。地方クラブのVF甲府には現実的なチーム強化の視点が欠かせないからだ。樋口氏には、城福氏が強化した守備力(昨季の総失点数はリーグ2位タイ)を継続し、さらにマリノス監督時代に実践したボール奪取力を期待する。