NEW

本は帯で10倍売り上げが違う?ジャニーズ写真で女性が“帯買い” 推薦文の謝礼は○万円?

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Thinkstock」より
(A)『あなたの未来がわかるって言ったら、どうする?――彼女の秘密を知ったとき、きっと最初から読み返したくなる』

(B)『彼女の秘密を知ったとき、きっと最初から読み返したくなる――「泣ける」読書メーターで大反響!』

書店で目にしたの帯に(A)と(B)の2パターンがあったら、あなたはいったいどちらを手に取るだろうか?

 ライトノベル作家・七月隆文氏の一般文芸デビュー作となる『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』(宝島社)は、昨年10月に増刷した際、帯を(A)から(B)に変えたところ、売れ行きが10倍に跳ね上がったことで話題を呼んでいる。冒頭の文言は、帯の中の一部分だ。

 帯の内容が本の売り上げを左右することを示すようなエピソードだが、一方では特に気にせず、本を買ったらすぐに帯を捨ててしまうという人も少なくないだろう。本の帯とは、そもそもどんな役割を果たしているのか、書籍編集者に聞いた。

売れていない本が帯を変えたらブレイク、はあり得るのか


「すでにある程度売れているので『今、売れています』とアピールしたいときや、書店の店頭での印象を変えたいときには、帯を作り直すことが多いです。また、著者が賞を獲ったときや、テレビに出演するなど大きなイベントがあるときは、増刷はしなくても帯だけをリニューアルすることもあります」

 売れ行きが落ちてきた本の場合、「帯を作り変えるので、また売り場で大きく展開してほしい」と書店に交渉することもあるという。では、冒頭の例のように「帯を変えたら、メガヒットに!」というのは、よくあることなのだろうか?

「著名人の推薦文入りの帯にしたら売れ始めた、というケースはあります。ただ、それももともとある程度売れていた場合が多く、売れていなかった本が単純に帯を変えただけで大幅な売り上げ増につながるということはほぼないでしょう。そこそこ売れていた本の帯を変え、さらに大きな販売促進を仕掛けるなど、さまざまな要因が重なってやっと売り上げが上がるのが現実です」(同)

 ちなみに、デザインや文言など、帯の内容を考えるのは、基本的に著者ではなく編集者の仕事だ。また、流通しているほとんどすべての本に帯がついているのは実は日本くらいで、帯のない欧米の本ではカバー自体に推薦文や宣伝文が入っているという。

 前出の書籍編集者は「コストの関係から、増刷のたびに帯の内容を見返して作り直す、ということはしていない」と語る。帯はあまりコストをかけられない宣伝ツールのため、本のカバーより使う色数を減らしたり、紙の質を落としたりするなど、地道なコスト削減が行われている。

 今は世に出る本のほとんどが初版止まりで、増刷は少ない。2刷目で帯を変えた『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』も、もともと増刷するだけの人気があり、かつ帯も含めた販促でブレイクした、というのが実態だろう。どうやら、まったく売れていない本が帯を変えただけで大ヒット――という都合のいい話はなさそうだ。