NEW

NHK、驚愕の「安倍政権ベッタリ」偏向報道が発覚!ついに国民が抗議の包囲網!

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
NHK前での抗議活動の様子

 8月1日午後6時からおよそ2時間、こんなシュプレヒコールが東京・渋谷の日本放送協会(NHK)前に響き渡った。

「NHKはAKK(安倍広報協会)と名を改めろ!」
「受信料を偏向報道に使うな!」
「籾井勝人会長はただちに辞任せよ!」
「報道機関なら安保法制の報道をきちんとやれ!」

 NHKが安倍政権と自民党に有利な報道を繰り返しているとして、市民約300人が駆けつけて抗議行動を実施した。

 開始時刻30分前に現場へ行き、今回の行動をFacebookで呼びかけた大福さん(ハンドルネーム)に話を聞いた。

「現地に来てみるまで本当に人が集まるかわからなかったのですが、7月中に国会周辺で戦争法案(安全保障関連法案)反対デモが行われた際に合計3500枚のビラを配り、ツイッターでも呼びかけました。疲れてへばらないよう休みをとりながら、今後も抗議活動を続けていきたいと思います」

 神奈川県川崎市からやってきたKさんは、次のように語る。

「国会前で小さなビラを受け取って今日の抗議行動を知り、インターネットでも確認して来ました。政権からの報道圧力と籾井会長以下の局内における締め付けに対し、NHK職員も内部からSOSを発信しているようです。今日の抗議行動は、彼らを外から支援する意味もあると思って来ました。でも本当は、NHKで働く当事者に勇気を持ってがんばってもらいたいです。今、日本は平和国家として瀬戸際に立たされている状況ですが、NHKが国民に対してきちんと情報を伝えていないことは、大きな問題ではないでしょうか」