NEW

4人に1人が薄毛になる?育毛シャンプーでは不十分、安全な育毛剤で悩む前に育毛!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 男性にとって、大きなコンプレックス要因のひとつである薄毛問題。早い人では20代から薄毛に悩み、それが原因となって人前に出ることに苦手意識を持つなど、人間関係構築に暗い影を落とすことも多いようだ。  

薄毛は、遺伝的要因のほか、食生活の乱れ、ストレスなどの心的要因、睡眠不足、常にヘルメットや帽子をかぶっているといった外的要因など、さまざまな原因が指摘されている。

 

スキンケア大学が実施したアンケート調査では、女性の67%が「男性の頭皮が気になる」と回答している。また、薄毛の人を目の前にしたとき、35%が「目のやり場に困る」、21%が「会話に困る、言葉を選んでしまう」と答えており、相手とのコミュニケーションに多少なりとも支障を来す可能性がある。

 

女性と円滑なコミュニケーションを取るためにも、薄毛にならないように早い段階で頭皮ケアを始めることが重要だ。

「育毛」と聞くと、年配の男性がかいがいしく、少なくなった頭髪の延命を試みているようなイメージを抱く人もいるかもしれないが、最近では薄毛を予防する目的で若い人が育毛に取り組む傾向が顕著になってきている。

 

つまり、今や育毛は年配の人がするだけではなく、若いうちから取り組み薄毛にならないようにするもの、との考え方に変わってきているのだ。

育毛シャンプーでは不十分、育毛剤を使用することが重要

 

抜け毛が気になり、「頭皮環境を改善する」「抜け毛を予防する」「育毛効果がある」などと宣伝されているシャンプーを購入し、毎日入浴時に洗髪している人も多いだろう。

 

しかし、シャンプーだけでは育毛ケアとしては不十分だ。シャンプーは、あくまでも汚れを落とすことが目的であり、洗髪した後には流してしまうため、仮に育毛効果のある成分が含まれていても、成分が十分に頭皮に行き渡るかどうかは不明だ。

 

頭皮ケアには、汚れを落とした頭皮に、育毛剤を塗布する方法がもっとも効果があると考えられる。そしてその育毛剤は、効果の高い成分が含まれているのは当然として、毎日使うのであるから安全性の高いものを選びたい。

では、育毛剤でナンバーワンはどれなのか? 薄毛にならないためのナンバーワン育毛剤

 

多くのショッピングサイト(Yahoo!等)、口コミサイトで1位となった育毛剤「CHAP UP(チャップアップ)」は、頭皮に悪影響を与える可能性のある香料や着色料、鉱物油、パラベン(防腐剤)、シリコン、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤、合成ポリマー、タール系色素、動物性原料、酸化防止剤は使用していない。その上、パッチテストも行っており、金属アレルギーやアルコールアレルギー、敏感肌、乾燥肌といった肌トラブルのある人でも使用可能だ。

 

そのため、男女問わず、20代から60代まで幅広い世代から強い支持を得ている。

 

チャップアップの人気が高い理由は、安全というだけではない。細胞分裂を促進する効果があるといわれるセンブリエキス、皮脂の過剰分泌を抑えるグリチルリチン酸、血行促進や抗炎症効果のあるジフェンヒドラミンHCという育毛効果のある3種の有効成分を含有している。

 

さらに、血流改善、硬化の改善、皮脂の過剰分泌を抑制、脱毛原因となる男性ホルモンを抑制、頭皮環境の改善、頭髪生成を促進といった効果があるといわれる成分を47種類も独自に配合している。

 

そのため、日本臨床医学発毛協会会長やスキンケア大学が「オススメの育毛剤」として推奨しており、高い効果が見込まれている。

 

さらにチャップアップは、高い自信から「満足できなければ全額返金」として商品に返金保証書まで添付している。また、育毛ローション(税込1万4800円)とサプリメント(5960円)のセットを定期便で購入すると、9090円と半額以下の値段で購入できる。

 

その上、今なら定期便を申し込むと、クレンジングジェル(3回分)がプレゼントされる。

 

購入前後で不明点があれば、自社でコールセンターを用意しているから、気軽に質問できる。昨今、コールセンターは外部に委託している企業が増えているなか、毛髪研究をしている自社社員が相談を受け付けているのは企業姿勢として評価されるべき点といえるだろう。

 

日本人は、40代の4人に1人が薄毛になるといわれている。薄毛に悩む前に、若いうちから頭皮ケアを行って、人生を謳歌しよう。
(文=編集部)

詳細はこちら!

※本記事はPR・広告記事です。