NEW
村澤典知「時事奔流 経営とマーケティングのこれから」

マックにさらなる試練か スタバ成功の仕掛け人、「中価格」高級バーガーで大人気

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シェイクシャックの店舗

高付加価値化の舵を切り始めたモスバーガー


 マクドナルドが不採算に陥った店舗を次から次へと閉鎖し、その存在感が弱まっていくなかで、同時に世代交代につながる動きがポツポツと出始めている。そのひとつが、モスバーガーを運営するモスフードサービスだ。

 モスバーガーの15年度の売上高(既存店ベース)は、4月こそ前年同月比1.9%減だったが、上期(4~9月期)ベースでみると前年同期に比べて6.5%も増えている。客数は2.7%減とやや減ったものの、客単価を9.5%増と大きく伸ばすことに成功した。さらには、15年に実施された「JCSI(日本版顧客満足度指数)調査」において、モスバーガーが飲食部門で総合1位の座を獲得しており、高い顧客満足度を得ていることがわかる。モスバーガーは、マクドナルドの苦戦を尻目に今後も一気に攻勢を強めていくことだろう。

 その兆しになるのが、11月27日に東京の千駄ケ谷にオープンした「モスクラシック」だ。同店は「大人のための憩いの場」をテーマにした、フルサービス型のハンバーガーレストランであり、その場で大きなグリドル(鉄板)を使って調理するグルメバーガーとともに、光サイフォンで淹れたコーヒーやアルコール類なども提供している。主力商品である「モスクラシックテリヤキバーガー」「チリバーガー」「アボカドバーガー」などはいずれも1,000円以上であり、従来の300円台のモスバーガーと比べて3倍以上の高単価となっている。この同店舗は「モスバーガー」の上位ラインにある新業態店舗と位置づけており、今回の千駄ケ谷での検証結果を参考にしながら、六大都市(東京都区部・大阪市・名古屋市・横浜市・京都市・神戸市)での出店を目指す計画だ。

グルメバーガーの真打ち、シェイクシャック


 また、このモスクラシックからほど近い場所で、もうひとつの見逃せない動きがある。それが「シェイクシャック(SHAKE SHACK)」だ。モスクラシックとほぼ同じ時期に、外苑いちょう並木沿いに国内1号店をオープンしており、いちょう並木のハイシーズンとも重なって毎日長蛇の列ができている。このシェイクシャックは、ニューヨーク発の9カ国で73店舗を運営する高級ハンバーガーレストランであり、14年に「サウスビーチ ワイン&フードフェスティバル」でベストバーガーに選ばれ、同年度版のレストランガイド「Zagat NYC」でも「最も人気のあるニューヨークのレストラン」に選出。そのほか米誌「ボナペティ」が選ぶ「米国で最も重要なレストランTop 20」や、米誌「タイム」の「歴史上、最も影響のある17のバーガー」に選出されるなど、「ニューヨークのベストバーガー」との呼び声も高い。