NEW

大戸屋、対立抗争の創業家に功労金2億円を贈呈…創業家は「足りない」と主張

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大戸屋の店舗(Rodrigo Reyes Marin/アフロ)

 3月期決算企業の株主総会が一通り終わったが、今年は例年以上にいろいろな出来事があった。そのなかでも特に、創業家と経営陣の対立が話題になった。

出光興産


 出光興産では、昭和シェル石油との合併に創業家が反対している。創業家側は出光昭介名誉会長をはじめ、一族・財団で出光興産の議決権の33.9%を握る。創業家代理人の鶴間洋平弁護士は6月5日、創業家側の総会対応方針を明らかにした。会社側が提示した12名の取締役候補のうち、5名の取締役の選任(社内取締役4名、社外取締役1名)に反対した。

 6月29日に開いた株主総会では、月岡隆社長らを再任する人事案が可決された。月岡社長の賛成率は61.1%で、前年の賛成率52.3%より高まった。創業家は、出光の石油を売る特約店や販売店の経営者たちの賛同を得ることができなかった。創業家が反対した月岡社長ら5人の賛成率は61%超で、ほかの取締役のそれは98%超だった。

 出光は7月3日、公募増資を実施し、1400億円を調達すると発表した。創業家は現在、出光株の3分1超を持ち、合併を阻止できる拒否権を持つ。経営陣は、発行済み株式総数の3割にあたる株式を新たに発行し、創業家の持ち株比率を20%台に引き下げることを狙う。公募増資が予定通り行われれば、創業家の保有比率は26%まで下がり、株主総会で合併を拒否できなくなる。

 創業家側は東京地方裁判所に新株の発行の差し止めを求める仮処分を申し立て、出光は「創業家の主張は誤り」と強く反論した。創業家は、高齢の昭介氏に代わり、合併反対の強硬派である昭介氏の妻・千恵子氏と、次男の正道氏が主導権を握っている。

大戸屋ホールディングス


 定食チェーン「大戸屋ごはん処」を展開する大戸屋ホールディングス(HD)は、2015年に亡くなった創業者・三森久実氏への功労金や、長男の智仁氏の処遇といった経営体制をめぐり、経営陣と創業家が対立を続けてきた。会社側は歩み寄りをみせ、株主総会で久実氏の遺族へ功労金2億円と弔慰金1000万円を贈呈する議案を提出した。

 久実氏の株式を相続した妻の三枝子氏が13.14%、長男の智仁氏が5.63%、合計2割弱の株式を保有している。6月28日に開催した株主総会では、取締役10名の再任を可決した。窪田健一社長に対する賛成率は64.31%で、ほかの取締役も64%超の賛成。創業家以外の株主からも反対があった。

 功労金2億円と弔慰金1000万円の贈呈の議案は、それぞれ62.20%、63.20%の賛成で可決した。創業家は白票を投じた。

 役員や従業員などにストックオプションを付与する議案は否決された。3分の2以上の賛成が必要な特別決議で、創業家が反対したため賛成は63.14%にとどまり3分の2にとどかなかった。ストックオプションの付与で創業家は持ち株が希薄化することを懸念して、反対に回ったとされる。

 創業家は総会後、メディアの取材に、功労金贈呈の議案に白票を投じた理由を、こう説明した。

大戸屋、対立抗争の創業家に功労金2億円を贈呈…創業家は「足りない」と主張のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、出光興産大戸屋ホールディングス東芝の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!