NEW

池江璃花子が罹患の白血病、画期的な薬が認可…治療費は1回5千万円、保険制度を揺るがす恐れも

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Getty Images」より

 2月12日、競泳の池江璃花子選手が白血病であることを公表し、競泳界のみならず、世界的に衝撃が走った。池江選手は競泳5種目の日本記録保持者で、昨年のアジア大会では6冠を達成するなど、来年に迫った東京オリンピックでいくつの金メダルを獲得するかと期待されていたからだ。

 そのため、池江選手の告白以降、白血病とはどのような病気なのか、どんな治療があるのか、といったニュースがさまざまなメディアで流れている。そんななか、白血病治療に劇的な効果が期待されている薬が認可され、話題になっている。

 2017年8月に急性リンパ性白血病の治療薬「キムリア」がアメリカで承認され、すでに難治性の血液のがん治療に用いられている。日本でも2月20日に「キムリア」の製造販売が了承され、早ければ3月には承認となる見込みだ。

 スイスの大手製薬企業・ノバルティス社が開発したキムリアが注目されている点は大きく2つある。ひとつは、従来の抗がん剤とはその作用機序が大きく異なる点。もうひとつは価格にあり、アメリカではキムリアを用いた1回の治療が約5000万円と、非常に高額である。

 キムリアを用いての治療は、正式にはCAR-T(カーティー)細胞療法と呼ばれる。従来の抗がん剤治療では、化学物質によってがん細胞を破壊し、増殖を阻止する方法が一般的であった。これに対しキムリアは、患者の血液から取り出した免疫細胞の「T細胞」にキメラ抗原受容体(CAR)を発現させる遺伝子導入を行いCAR-T細胞とした後、さらに培養し、その後体内に戻す。体内に戻されたCAR-T細胞は、がん細胞を狙って攻撃するといった治療法である。患者から採取した血液が原料となるキムリアは、いわばオーダーメイドのがん治療法といえるだろう。海外における治験では、実施した患者の8割に効果があったと公表されている。

池江璃花子が罹患の白血病、画期的な薬が認可…治療費は1回5千万円、保険制度を揺るがす恐れものページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事