NEW

『いだてん』“大衆離れ”で低視聴率の理由…偏差値60以上志向に陥るNHKの悪い癖

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『いだてん~東京オリムピック噺~』公式サイトより

 1月から始まったNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』の平均視聴率が、第6話で9.9%と1桁に転落し、第7話が9.5%、第8話が9.3%と下がり続けている(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)。第1話は15.5%だった。昨年放送の『西郷どん』が1桁に転落したのは、第37話。平均視聴率が大河史上最低だった『平清盛』にしても、1桁への転落は第31話だった。大河ドラマ史上、『いだてん』は最速で1桁への転落を記録したのだ。

 脚本は宮藤官九郎、ダブルキャストの主演は中村勘九郎と阿部サダヲ、主要なキャストも役所広司、ビートたけし、竹野内豊、星野源、小泉今日子、綾瀬はるか、生田斗真、ピエール瀧、松尾スズキ、中村獅童、森山未來ときわめて豪華だ。

 なぜ視聴率が振るわないのか。その根本原因はなんなのか。NHKで長年にわたり制作や編成に従事し、現在は次世代メディア研究所代表である鈴木祐司氏に聞いた。

「個人的には、そこそこおもしろいと思っています。だけど、おもしろいということと数字が取れるということは別物です。まず、これはすでに言われていることですけど、明治と昭和の2つに分断してしまっている。ということは、一筆書きで進んでいく物語になってないわけです。特に第1話では、明治と昭和を行ったり来たりしていましたが、それが画面で見ていてもわからない。昭和の時代の古今亭志ん生(ビートたけし)が明治を語るということで、そもそも2つの時代が被っているわけですけど、語り部のはずの志ん生が登場人物としても動き出してしまう。そして明治の若き日の志ん生(森山未來)に切り替わって、これがまた語り部でありつつ登場人物でもある。

 これだけ要素が多くて、次から次にサイドステップされると、ついていけないという人がいっぱい出てくるのは当然なわけです。これを“クドカンらしい”といっておもしろがる人は、確かに1割ぐらいはいるでしょう。新しいものを進んで受け入れていくイノベーター(革新者)と、流行に敏感で自ら情報収集を行うアーリーアダプター(初期採用層)というのは、マーケティングの理論では16%くらいしかいない。それ以外の大衆も味方に付けないと、視聴率は取れません。

『いだてん』“大衆離れ”で低視聴率の理由…偏差値60以上志向に陥るNHKの悪い癖のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、NHKいだてん宮藤官九郎の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事