NEW

ワタミも休業、居酒屋業界全体が深刻な状況…鳥貴族や串カツ田中は業績回復傾向に水

文=佐藤昌司/店舗経営コンサルタント
【この記事のキーワード】

, , ,

【完了】ワタミも休業、居酒屋業界全体が深刻な状況…鳥貴族や串カツ田中は業績回復傾向に水の画像1
和民の店舗(「Wikipedia」より)

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、居酒屋が深刻な状況に置かれている。政府や自治体による外出自粛の要請を受け、鳥貴族は国内の直営394店すべてを4月4~12日まで臨時休業する。フランチャイズ(FC)店も運営会社の判断で臨時休業や営業時間の短縮をする場合があるという。

 串カツ田中ホールディングス(HD)も4~12日に直営116店すべてを休業する。衛生面に配慮した営業を行い、持ち帰りメニューを強化するなど対策を講じてきたが、客や従業員の間での感染拡大を防ぐために休業を決断したという。

塚田農場」などを運営するエー・ピーカンパニーも2日から、約180店を休業した。関東の1都5 県の店舗は21日まで、それ以外の店舗は10日か15日まで休業する。

 新型コロナの感染拡大を受け、東京都の小池百合子知事は、夜間から早朝にかけて営業する、接客を伴う飲食業の場で感染したことが疑われる事例が多発していると指摘し、都民に対してナイトクラブやバー、カラオケなど「夜の酒場」への入店自粛を要請した。

 政府は感染リスクが高まる条件として「密閉空間」「人の密集」「密接での会話」のいわゆる「3 密」を挙げている。都知事はナイトクラブなど夜の酒場は3密が濃厚なかたちで重なる場だと指摘している。

 居酒屋も名指しされてはいないが、3密が重なる場といえる。また、政府や自治体は国民に不要不急の外出自粛を呼びかけている。こうしたことから、前述の居酒屋チェーンが休業を決めたことは評価できる。もっとも、当事者たちにとっては苦渋の決断だったに違いない。

鳥貴族と串カツ田中、業績が回復しだした矢先の臨時休業

 鳥貴族は業績が回復しだした矢先の出来事だった。17年10月に一律280円(税別)から298円に値上げしたところ客離れを招き、既存店売上高が昨年10月まで22カ月連続で前年を下回っていた。業績不振に陥っていたのだ。ところが、昨年11月から客足が戻るようになった。既存店売上高と客数が昨年11月から今年2月まで4カ月連続で前年を上回っている。

 鳥貴族は、これまでに不採算店の閉鎖を進めて採算性の改善を図ったり、メニューの更新頻度をアップして集客を図るなど対策を講じてきた。

 今期上半期(19年8月~20年1月)に関しては、メニュー強化と販促が功を奏している。来店頻度の高い顧客を飽きさせないため、2~3カ月ごとに新商品を投入する「今月のオススメ」を導入したほか、一部のアルコール飲料を注文するともらえるチケットを2枚集めると後日一部のアルコール飲料が無料になるキャンペーンを実施し集客を図った。また、直営全店でウェブ予約システムを導入したり食べ飲み放題プランの利用条件を緩和するなどで忘年会や新年会の需要取り込みを図っている。

 こうした施策により鳥貴族の収益性は回復した。19年8月~20年1月期単独決算は、売上高こそ前年同期比2.4%減の174億円と減収だったものの、営業利益は3.8倍の13億円と大幅増益となった。売上高営業利益率は2.0%から7.8%に高まっている。

 鳥貴族は、このように業績が回復しだしていた。だが、そうした最中に新型コロナが直撃した。この3月、4月は会社や大学の歓送迎会が多くなる時期で居酒屋は書き入れ時だが、これらの需要も新型コロナで減少している。そして鳥貴族は休業を余儀なくされた。3月以降の既存店売上高は厳しい数値が続きそうだ。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ