NEW
藤和彦「日本と世界の先を読む」

原油、大余剰で“お金を払って処分”の動き…「石油の時代」の終焉、中東で大惨事の前兆

文=藤和彦/経済産業研究所上席研究員
【この記事のキーワード】

, ,

原油、大余剰で“お金を払って処分”の動き…「石油の時代」の終焉、中東で大惨事の前兆の画像1
「gettyimages」より

 米WTI原油先物価格は4月20日、史上初めてマイナスとなった。暴落の引き金を引いたのは、WTI原油先物に投資するETF(上場投資信託)である(4月22日付日本経済新聞)。米国内の原油貯蔵施設がなくなりつつある状況下で、最大手のユナイテッド・ステーツ・オイル・ファンド(USO)などによる手じまいの「売り」が殺到したことで前代未聞の状態が発生したのである。

 新型コロナウイルスの感染拡大により、今年に入り世界の原油需要は日量3000万バレル以上減少したと見込まれるが、OPECとロシアなどの非加盟産油国(OPECプラス)が9日に決定した追加減産量は日量970万バレルと、需要減の3分の1にも満たない。実施されるのも5月からである。

 世界の原油市場が極端に供給過剰になったことで、行き場を失った原油は貯蔵タンクに溜まる一方である。WTI原油の受け渡し地点であるオクラホマ州クッシングの原油の貯蔵容量は約8000万バレルだが、空きスペースはすでに約2000万バレルに縮小し、このままのペースで進めば5月中旬までには満杯になるとされている。

 スペースがなくなれば、決済日(5月21日)を迎える期近物(5月物)に投資していたUSOは石油精製業者ではないので、現物を受け渡されても扱いに困ってしまう。「お金を払ってでも現物をさばきたい」と焦ったUSOなどの「売り」が「買い」を圧倒したことから、WTI原油先物価格はマイナスになってしまったのである。

 この事態に慌てたOPECプラスは21日、緊急の電話会議を開いたが、新たな措置に関する決定はなかった。トランプ米大統領も石油業界への支援策を策定するよう各省庁に指示したことを明らかにしたが、具体的な内容はなかった。

 マイナス価格となったことで原油先物市場に対する信頼感が大きく損なわれ、「もはや簡単には通常の取引に戻ることはない」として、原油価格に対する下押し圧力は続くとの見方が強まっている(4月21日付ブルームバーグ)。米WTI原油先物価格の6月物も1バレル=10ドル近辺にまで急落し、WTIと並ぶ指標価格である北海ブレント原油先物価格も20ドル割れした。

 原油価格がマイナスになったことでシェール企業の大量倒産がいっそう現実味を帯びてきており、市場の混乱はジャンク債市場に波及し、さらには金融市場全体にまで及ぶとの心配が生じている(4月21日付ZeroHedge)。サブプライムローン市場の不調が、あっという間に金融市場全体を巻き込む大混乱に発展したというリーマンショック時と現在の状況が似てきているのである。

 価格がマイナスになるということは、「お金を払ってでも処分したい」ということを意味する。貯蔵タンクに溜まり続ける原油を市場関係者が「ゴミの山」と称した(4月20日付ロイター)ように、原油は家電製品などの粗大ゴミと同じになってしまったのである。かつて原油は国の帰趨を制する戦略物資として位置づけられていた。第1次世界大戦で当時のフランスを率いたクレマンソー首相が語ったとされる「石油の一滴は血の一滴」というフレーズはあまりに有名である。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ