甲子園、夏も中止で選手たちの進路に甚大な影響も…プロ野球もドラフト獲得が減少かの画像1
阪神甲子園球場(「Wikipedia」より)

 春に続き、夏の甲子園(全国高等学校野球選手権大会)も中止が決定的となった。5月20日の運営委員会で正式決定のうえ発表されるが、大逆転での甲子園開催の可能性は極めて低いといえるだろう。インターハイも中止され、夏の風物詩である球児たちの姿すら、今年は観ることが叶わない。

 強豪校の生徒たちは、大袈裟ではなく、甲子園出場にすべてをかけてきている。それだけに落胆は大きいが、「今年は仕方ない」という諦めムードも漂う。ある甲子園常連校監督は、こう話す。

「沖縄は6月20日から予選が開催予定でしたが、それが『7月以降』に変更となっていました。長い高校野球の歴史の中でも極めて異例のことです。それだけ、ギリギリまで開催の可能性を探るために判断を伸ばしたかったという高野連(日本高等学校野球連盟)の意図もありますが、正直、夏の中止もやむなしと、ほとんどの監督が思っていますよ。NPB(日本プロ野球)も開催が決定していないなか、高校野球だけ開催というのは常識的に考えにくいですから。ただ、こうなってくると、一番の悩みのタネは生徒の進路です。プロはもちろん、大学や社会人野球にとっても、3年生の夏の成績というのは大きな判断基準だからです。生徒はもちろん、親御さんたちの不安も大きいので、いかに進路の選択肢を増やすか、ということに奔走しています」

 甲子園の中止による最大の懸念事項は、やはり生徒の進路問題となる。甲子園に出る名門校の選手となれば、そのほとんどがボーイズリーグやシニアリーグの出身者であり、本人のみならず保護者たちも野球での進学を想定しているケースが多い。もちろん子供たちに“投資”してきた金額も莫大なのだ。

 別の甲子園出場経験がある監督が嘆息する。

「野球に打ち込む高校生にとって、夏の結果というのは、そのまま受験みたいなものでもあります。それが受験の機会自体がなくなる格好ですから、生徒たちは途方に暮れてしまいますね。リトルリーグからシニアやボーイズ、そして高校野球と続けることは決して少なくないお金がかかってきます。保護者は、息子の進路を考えてそれを負担してくれていたわけですが、今年はその最大の舞台がなくなってしまったのです。本当に可愛そうで、かける言葉も見つかりません。生徒たちは今も開催を信じて、自主練習に励んでいます。せめて、悔いを残さないためにも、予選大会だけでも無観客でやらせてあげたいという思いはあります」

進路に暗雲が垂れ込める

 球児たちにとって、もっとも多い進路としては大学への進学だ。なかでもスポーツ推薦で進学する生徒が多いが、大学によっては「甲子園出場」を条件としている野球部も少なくない。だが、今年のように春夏中止となれば、そういった推薦の条件面もクリアできないのだ。東都リーグの大学野球の強豪校の関係者が明かす。

「大学野球にとって最大の懸念が、いまだ全国の大学リーグも大会を再開できていないことです。特に進路が決まる4年生や3年生にとって、これは死活問題です。そんな状態のなかで、大学としても在部生の進路問題も重なり、新入生の勧誘まで果たして手が回るのか。推薦基準をどう下げるかということについても、今年は異例として柔軟に対応できるかどうかも大きい。今年はスカウトや数字的に判断できる要素がほとんどないわけなので、推薦枠が減ることは十分に考えられます」

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合