【完了】塚田農場、「つかだ食堂」に命運かけるも苦戦必至…コロワイドもワタミも非居酒屋化急ぐの画像1
「エー・ピーカンパニー 公式サイト」より

 居酒屋「塚田農場」を展開するエー・ピーカンパニーが、業績回復の一手として「食堂」の展開に乗り出した。同社は新型コロナウイルスの感染拡大で業績が大きく悪化しており、食堂の多店舗展開で事態の打開を図る。

 同社の業績は厳しい状況が続いている。外出自粛が広がった3月は、既存店売上高が前年同月比41.2%減と大きく落ち込んだ。4月以降の既存店業績は開示しない方針のため詳細は不明だが、相当厳しい内容だったと推測できる。同社は他社に先駆けて4月2日から国内の直営全店を原則休業としている。6月1日から順次営業を再開しているが、この2カ月間は、一部店舗で試験的にランチ営業を実施したりテイクアウトメニューを販売するくらいで、通常営業はほとんどできずにいた。

 新型コロナの影響で外食産業は総じて厳しい状況に置かれているが、なかでも居酒屋は特に厳しい。

 日本フードサービス協会の調査では、3月の外食売上高(全店ベース)は17.3%減、4月が39.6%減となっているが、そのなかで居酒屋業態は3月が41.4%減と大きく落ち込み、4月にいたっては90.3%減と壊滅的だ。こうしたことから、エー・ピーカンパニーの4月の既存店売上高も相当厳しい内容だったことが推測される。前年からの減少率が90%以上だったとしても驚きはない。

 もっとも、エー・ピーカンパニーの不振は以前から続いていた。19年4月~20年2月の既存店売上高は、前年同期比2.3%減だった。これ以前も、長らくマイナス傾向が続いている。19年3月期は前期比7.1%減と大きく落ち込んでいた。

 塚田農場は本格的な地鶏料理や、来店回数に応じて肩書きが変わる「名刺システム」などで耳目を集めた。だが、類似業態が増えるなどしたため、次第に飽きられるようになった。また、若者のアルコール離れなどで居酒屋という業態自体が斜陽化しており、客離れに拍車がかかっている。さらに、今後も新型コロナの感染リスクが高い居酒屋を敬遠する動きが当面続くことが予想され、客離れが長引く懸念がある。

 塚田農場の不振で、エー・ピーカンパニーの20年3月期の連結業績は厳しい内容となった。売上高は前期比6.1%減の230億円、営業損益は4500万円の黒字(前期は2億9800万円の赤字)、最終損益は1億1700万円の黒字(前期は20億2800万円の赤字)だった。不採算店の閉店や経費削減を進めたりしたため利益は改善したが、閉店の影響に加え新型コロナの影響を受け、売り上げは減少している。同期の既存店売上高は5.5%減だった。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合

関連記事