レオパレス21、債務超過寸前…ヤマダ電機による買収観測が取り沙汰の画像1
レオパレス21本社(「Wikipedia」より/Rotatebot)

 施工不良問題で苦境に立つ賃貸アパート大手レオパレス21の株価が6月5日、前日比34円(14.4%)高の270円まで一時、上げた。年初来高値は5月29日の284円だ。大株主の村上世彰氏が「数百億円規模の増資を引き受ける」と、テレビのニュース番組が報じたことから買いが集まった。

 例年、6月下旬に開いていた株主総会を7月以降に延期した。新型コロナウイルスの終息が見通せないなか、多くの株主や会社関係者が参集する株主総会は感染リスクが高いための措置だ。株主総会の日取りは未定である。株主総会が開かれれば、村上氏と会社側の攻防の第2ラウンドになる。

 2月27日に開いた臨時株主総会で、大株主の投資会社レノなどによる株主提案を否決した。レノは村上氏が関与するファンド。有料老人ホームを運営するシティインデックスホスピタリティ社長で村上氏の側近の大村将裕氏の取締役選任を求めた。結果は賛成比率44.48%で過半数に達しなかった。

 20年3月期末時点の大株主は次の通り。筆頭株主は国内投資会社、アルデシアインベストメントで持ち株比率は18.36%。第2位がシティインデックスイレブンスで8.95%。3位は投資用高級ワンルームマンション開発会社エスグラントコーポレーションの6.43%。2、3位の両社はレノグループだ。

「村上氏は巨額増資を引き受けて、経営の主導権を握った暁には、レオパレス21を売却するとみられている」(関係者)

3月期の最終損益は過去最大の802億円の赤字

 新型コロナの感染拡大を受け、決算業務や監査法人による会計監査を含む決算確定に遅れが生じているとして、5月13日に予定していた20年3月期の決算発表を延期。6月5日、やっと発表にこぎつけた。

 売上高は前期比14.2%減の4335億円、営業損益は364億円の赤字(19年3月期は73億円の黒字)、最終損益は802億円の赤字(同686億円の赤字)だった。当初、1億円の純利益を見込んでいたが、昨年11月に304億円の赤字へと大幅に下方修正した。建築基準法の基準に合わないアパートの調査が長引き、改修工事が進まず、入居者の募集を再開できなかったことが響いた。

 施工不良問題を引きずっているところに新型コロナウイルスの感染拡大が追い討ちをかけた。土地所有者にアパートを建てさせて全室を一括で借り上げ、入居者に転貸するサブリースを手がける。契約者の6割が法人で、新人研修や期間従業員の宿舎として活用していたが、新型コロナの影響で利用が急減した。20年3月期の入居率は年間平均で85%弱を見込んでいたが、実際の入居率は80.78%。19年3月期より7.6ポイント悪化した。本来なら就職・進学シーズンで繁忙期となる3月に十分な営業ができず、入居者を増やすことができなかった。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ