オーケストラ、縁の下の敏腕職人「ライブラリアン」とは?膨大な知識量&抜群の対応力の画像1
「Getty Images」より

 来年1月のニューイヤー・コンサートで指揮をする曲の楽譜が、オーケストラライブラリアンから送られてきました。ライブラリアンというのは、全世界のどこのオーケストラでもいる楽譜係です。年に100回以上あるさまざまなプログラムの楽譜を用意して楽員に配ったり、リハーサルやコンサートでは楽器ごとに違う楽譜を間違いなく譜面台に設置する仕事です。

 なかには手に入れるのが困難な楽譜もあり、それこそ右往左往して探しまくる状況になっても、リハーサルまでには当然のように楽譜を揃えなくてはなりません。演奏会後も、楽譜を整理して楽譜整理棚にしまったり、楽譜出版社に送り返したりと大忙しで、さらに同時に次のプログラムの楽譜の用意をしなければなりません。

 当然のことながら、彼らは音楽の知識が豊富なだけでなく、楽器の特性も理解している必要があり、またどこの出版社が必要な楽譜を出版しているかも把握しています。指揮者も、勉強部屋の書棚にたくさんの楽譜を並べていますが、彼らの知識量にはとうてい及びません。それくらい、ライブラリアンは特別職なのです。

 ライブラリアンの仕事は、オーケストラの定期演奏会のような「序曲、協奏曲、交響曲」という定番プログラムよりも、子供のためのコンサートやニューイヤー・コンサートのような5~10分程度の曲がたくさんあるプログラムのほうが大変なようです。意外と小品のほうが楽譜を入手しにくい場合もあり、無事にリハーサルが始まっても、楽員が「次の曲の楽譜はどこだ?」と探す事態にならないように、全員の譜面台に、たくさんの楽譜を順番通りに並べて置く作業も重要です。

 ときには、コンサート前日にやってきた歌手から、「キーが高すぎて歌えないよ。もう少しキーを下げた楽譜で」などと、急に言われることもあります。そんな時はひと騒動です。歌手が指定したキーの楽譜が手元にあればいいのですが、手元になかったとしても翌日のコンサートまでには、楽員の譜面台にばっちり揃えて置かなくてはなりません。さらに、真っ青になって楽譜店やほかのオーケストラのライブラリアンに問い合わせをしている最中に楽員が訪ねてきて「再来月に演奏するフルートの楽譜を見たいんだけど」といったのんきなお願いにも笑顔で対応しなくてはならないので、精神的に落ち着いていることも必要なのでしょう。僕には到底できません。

 そんなライブラリアンにも、ひとつ役得があります。それは、どんなに世界的に有名な指揮者であっても、コンサートの直前に身近に話せるということです。それは、ステージに指揮者の楽譜を持っていく役割も担っているからです。そのため、ほかのスタッフから「マエストロは来ていた?」と尋ねられたり、気難しくて有名な指揮者の場合には「今日のマエストロのご機嫌はどう?」と楽員から聞かれたりすることもあるようです。

 ライブラリアンは、もちろん指揮者の楽譜も用意しています。実際には、大概の指揮者は自分で楽譜を使用しますが、最近作曲された新曲や、あまりやらない曲の場合、楽譜自体が販売されていないので、楽譜をレンタルしたライブラリアンが指揮者の自宅に送付します。それ以外でも、指揮者が所蔵していない小品の楽譜を送ることもあり、今回僕はヨゼフ・シュトラウスの『鍛冶屋のポルカ』の楽譜を送ってもらったのです。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合