NEW

クラスター:旭川・吉田病院、市・保健所・旭川医大に見捨てられた“非条理”対応を告発

文=編集部
クラスター:旭川・吉田病院、市・保健所・旭川医大に見捨てられた非条理対応を告発の画像1
「gettyimages」より

 全国で新型コロナウイルス感染症の再拡大が問題になるなか、北海道内最大のクラスターが発生した旭川市の慶友会吉田病院(263床)の公式ホームページ上で12月1日に公開された、ある文章が医療関係者を中心に大きな反響を呼んでいる。文章には自治体や大学病院から支援を受けられない不条理や疑問に関して訴える内容で、同文書を呼んだ東京都内の医療従事者からは「まさに我々が直面している医療崩壊」「よくぞ書いてくれた」と共感の声が上がっている。

 北海道や吉田病院の公表資料などによると、同病院では11月6日、看護師ら2人の感染が確認。翌日には7人に増加したことから、旭川市保健所はクラスターと認定。全職員と入院患者に対してPCR検査を始めた。しかし、同病院には末期がん患者や重い障害を持つお年寄りが多数入院しており、感染は拡大。先月下旬には入院患者の4割、職員の1割にあたる120人超が感染し、入院患者12人が死亡した。

 そして12月1日、同病院のホームページに「新型コロナウイルス感染症発生のお知らせ(第19報)」と題する文章が公開された。文末には医療法人社団慶友会理事長・吉田良子氏の署名が記されていた。以下、原文のまま引用する。

吉田病院が公開した文書

 新型コロナウイルス感染症発生のお知らせ(第19報)

 本件クラスターについては、感染症指定医療機関でなく防護資材・設備に制約のある当院にとっては、独力での対応が困難であることが当初より明らかであったため、関係機関と協議・調整を図りつつ、これまで対応を進めて参りました。その過程において、様々な不条理や疑問を感じるところもございましたので、その概略についてここに明らかにしておきたいと思います。

1. 旭川市保健所について

 吉田病院においては、11月6日(金)にコロナ陽性患者が発見され、同日直ちに保健に報告して協議に入り、その方針指示に全て従う形で全力で対応してまいりました。とりわけ、感染患者の処置を行いつつ通常の医療・看護業務を行うことは極めて困難であるため、感染者の他病院への転院調整、について保健所に強く要請を続けてまいりましたが、結果的にそれはかなわず、多くの患者が院内にとどめ置かれることとなり、クラスターの拡大を招く結果となりました。

 転院調整が遅々として進まなかった理由はいったい何であったのか? また、その中にあって指示された感染対策は、それぞれ適切なものだったのでしょうか?

2. 旭川市役所について

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合