弘中綾香アナ、加地倫三プロデューサーも太鼓判のトーク力と「制作に回りたい」願望の真相の画像1
弘中綾香アナは女性ファッション誌「with」2021年1月号ではモデルを務めるなど、女性からの支持率も意外と高いとの評も。画像は弘中綾香アナの公式Instagramより、『あざとくて何が悪いの?』で共演する田中みな実アナとのショット。

 今年もORICON NEWSで「好きな女性アナウンサーランキング」が発表され、2年連続1位に輝いたのがテレビ朝日の弘中綾香アナ(29)だ。現在はバラエティ番組をいくつもかけ持ちし、現在発売中の女性誌「with」(講談社)ではモデルにも挑戦するほど大活躍しているが、いったいなぜこれほどまでの人気を獲得しているのか。あるスポーツ紙記者はこう語る。

「この10月から『ノブナカなんなん?』と『あざとくて何が悪いの?』が始まり、どちらも“テレ朝バラエティ”の芯をちゃんと食ってる内容。実際、視聴率も好調です。弘中アナはあの透明感に加え、ちゃんと進行もし、コメント力もある。彼女が進行役を務める『激レアさんを連れてきた』もそうですが、実際彼女がいるだけで番組がほんわかし、うまく回るんですよね。手製のパネルもいいし、激レアさんへの寄り添い方が本当にうまい。今までの女子アナ史上で最強といっても過言ではありません。

 女子アナ好きの男性ファンからの評価が高いだけでなく、女性誌「with」でモデルデビューしたように、女性からの支持率も意外と高い。ビジュアル面はいわゆるモデル体型ではないですし、ロリ顔のファニーフェイスですから、女性からの好感も得やすいんでしょうね。いま、フジテレビの女子アナがあまりパッとしないので、弘中アナの天下はしばらく続くと見ていいでしょう」

就職面接で「フリートークが抜群に面白かった」と弘中アナを評した加地倫三プロデューサー

 今はバラエティ色が強い弘中アナだが、2013年に入社後たった半年で『ミュージックステーション』のサブMCを務めることとなり、タモリの横でその後5年間もテレ朝の看板番組を回し続けたエリート女子アナでもある。また、テレビ朝日への就活中だった学生時代は、「実はアナウンサーではなく総合職志望だった」という逸話も。女子アナ業界に詳しいある放送作家は次のように語る。

「人事部に顔を覚えてもらうと有利になるかもしれないという理由で、申し込み時期の早かったアナウンサー採用試験を受けたら見事合格してしまったそうです。もともと声優志望だったそうなので、自己表現することに抵抗なかったのだとは思いますが、アナウンススクールにしっかりと通っていたわけでもなく、それでもなぜか受かってしまったとか。

 その際、彼女の面接官を務めたのは、『アメトーーク!』などのプロデューサーとしておなじみの加地倫三さん。彼は当時の彼女の印象を『アナウンサーとしてのスキルはそれほどでもなかったけど、フリートークが図抜けて面白かった』と語っています。テレ朝のバラエティ班のエースである加地さんと就職面接で出会っているということも彼女が“もってる”ことの証しでしょうし、やはり、そもそもタレントとしてのポテンシャルが最初から高かったということなのでしょうね」

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合