経営再建中のサッカーの名門Jリーグチーム、東京ヴェルディ(J2)が資金ショートか解体かの存続の危機に直面している。

 東京ヴェルディは今期、ご多分に漏れずコロナ禍の煽りを受けて観客入場料収入やその他の事業収入が大幅に落ち込んだ。深刻な資金難と債務超過転落を回避しようとヴェルディ経営陣は経営再建に走ったが、ヴェルディの実質支配権を握るスポーツ用品販売大手のゼビオが経営陣の経営再建策に反対。ゼビオは、言うことを聞かないヴェルディ現経営陣を一掃し、自社グループがヴェルディ収益事業を破格の値段で買い上げることで資金提供を行う案を提案。それがヴェルディのサポーターたちにも知るところとなり、ゼビオは大反発を受けているという構図だ。

東京ヴェルディ、資金ショート・解体の危機…スポンサー「ゼビオ」、スクール事業譲渡を要求の画像1
20日の最終戦で、ヴェルディサポーターからはゼビオのやり方に反発する横断幕が掲げられた

 20日に開催されたJ2最終戦では、「スクール事業の強奪絶対反対。ヴェルディの宝を奪うな」などとゼビオの対応を問題視する横断幕が大量に掲げられ、ツイッター上でもゼビオに反発するサポーターの声で炎上状態となっている。

名門ヴェルディの歴史

 東京ヴェルディの前身は1969年に設立された読売サッカークラブ。91年にJリーグに加盟した「オリジナル10」のひとつで、この年の10月、読売新聞社、よみうりランド、日本テレビの読売グループ3社の出資により運営母体、「読売日本サッカークラブ」が設立された。チームの呼称は「ヴェルディ川崎」。Jリーグ発足当初から2001年までホームタウンを神奈川県川崎市に置いていたからだ。

 ヴェルディ川崎はJリーグがメジャースポーツとして注目される立役者となったチームであり、1992年のJリーグカップでは清水エスパルスを破り、初代王者に輝いたほか、93年の1stステージは鹿島アントラーズに優勝をさらわれ惜しくも2位だったが、2ndステージは優勝。Jリーグチャンピオンシップでも鹿島を破り、初代Jリーグ年間王者に輝いた。さらに翌年もサンフレッチェ広島FCを破り2期連続で年間王者となったが、ラモス瑠偉、ビスマルクなど有力選手の移籍や退団、三浦知良や前園真聖などの不調などからチームの成績は低迷するようになり、98年には読売新聞とよみうりランドが撤退。日本テレビ一社で支えるかたちになり、チーム名は「FCニッポン」に変更。経費削減のため高額年俸の三浦や柱谷哲二などの選手がチームを去った。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合