空港、コロナ地獄…中部国際空港は国際線客99%減、民営化の関空は国が全面支援で逆戻りの画像1
関西国際空港(「Wikipedia」より)

 格安航空会社(LCC)のエアアジア・ジャパン(愛知県常滑市)は11月17日、東京地方裁判所に破産手続き開始を申し立てた。保全管理人の上野保弁護士によると負債総額は約217億円。少なくとも2万3000人以上、金額ベースで5億円強のチケットの返金の見通しがたっていないという。新型コロナウイルス禍での国内の航空会社の経営破綻は初めてである。

 エアアジア・ジャパンは12月5日付で全路線を廃止すると10月に発表していた。会田純COO(最高執行責任者)は「事業を継続することは極めて困難であると判断し、苦渋の決定をいたしました」とするコメントを出した。同社の親会社であるマレーシアのエアアジアは、アジア各国に路線網を持ち、世界屈指のLCCグループだが、コロナがエアアジア本体を直撃した。

 エアアジアの日本からの撤退は今回で2度目だ。2011年、全日本空輸(現ANAホールディングス)と合弁で日本に参入。しかし、経営方針をめぐってANAとの間ですれ違いが生じ、搭乗率も低迷。13年に提携を解消し、日本から撤退した。

 第2期のエアアジア・ジャパンは、エアアジア(出資比率33%)、楽天、基礎化粧品のノエビアホールディングス、スポーツ専門店のアルペン(3社とも同18%)などの出資を受けて14年に設立した。就航は当初計画より大幅に遅れて17年10月となった。拠点空港は、他のLCCと競合が少ない中部国際空港にした。機材はエアバスA320型機が3機。国内線は新千歳と仙台、国際線は台北の3路線を運航し、20年8月に福岡線を開設した。

 19年12月期の売上高は約40億円、最終損益は約47億円の赤字だった。規模を拡大して採算ベースに達する前にコロナによる需要低迷に直面した。春先から各路線が運休となり、6月には社員約300人の23%にあたる70人弱の希望退職を実施した。親会社のエアアジアグループは20年7~9月期決算で最終損益が210億円の赤字となり、債務超過に転落した。本体の経営が危うくなり、2度目の日本からの撤退を決断した。

中部空港はLCC専用の第2ターミナルを開業したばかり

 エアアジア・ジャパンの破産で、LCC向けに開業したばかりの中部国際空港(愛知県常滑市)の第2ターミナルが苦境に立たされた。LCCによる成長路線を描いていた中部空港にとって、先の見通せない大きな痛手となった。中部国際空港セントレアを運営する中部国際空港は19年9月、搭乗橋などがない簡素な造りにして、航空会社の費用負担が少ないLCC向けの第2ターミナルを開業。もっとLCC路線を誘致し、空港の発展につなげるもくろみだった。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合