ユニクロ、「アパレル世界1位」の公算…コロナ禍下で過去最高益、中国で破竹の勢いの画像1
ユニクロの店舗

「21年以降、やはりアジアが世界の中心になる。スーツは欧州発祥。一方でアジアは新興市場で、カジュアルな普段着が受け入れられる要素が多い。最良の服として世界ブランドに、アジアから初めてなりたい」

 カジュアル衣料ユニクロを展開するファーストリテイリングの柳井正会長兼社長は、“ポストコロナ”のアパレルの世界の勢力地図について、2020年12月28日付日本経済新聞電子版のインタビューでこう語っている。

グローバル旗艦店を銀座にオープン

「どこに出しても恥ずかしくない、世界を代表する『フラッグシップストア(旗艦店)』をつくりたい」(20年6月17日付読売新聞オンラインより)――。日本発の世界ブランドを目指す柳井氏の思いである。

 ユニクロのグローバル旗艦店「UNIQLO TOKYO(ユニクロ トウキョウ)」が2020年6月19日、東京・銀座3丁目にオープンした。国内では14年以来の旗艦店で、約5000平方メートルの売り場面積は日本最大級だ。「ユニクロ トウキョウ」が開店した6月19日はエアリズムマスクの発売日でもあった。ECサイトはアクセスが集中したためつながらず、店頭では長蛇の列ができ“三密”が危ぶまれる事態となった。

 ユニクロは機能性肌着ヒートテックやエアリズムで消費者の熱い支持を得た。エアリズマスクは高性能フィルターで飛沫をブロックする。ユニクロの機能性マスクへの期待が大きかった表れである。このエアリズムマスクの集客効果は大きく、国内の既存店売上高が7カ月連続で前年同月比プラスとなる原動力となった。

「ユニクロ トウキョウ」の所在地は、JR有楽町駅にもほど近いマロニエゲート銀座2だ。もとをただせばダイエーが経営していた高級百貨店プランタン銀座である。ダイエーが経営不振に陥り、読売新聞社が買い取り商業ビルとしてリニューアルオープン。その核店舗として「ユニクロ トウキョウ」が入居した。

 銀座6丁目には旗艦店のひとつである「銀座店」があるが、同じ銀座にグローバル旗艦店を出店した理由は主に2つである。まず、銀座は国内外の観光客が数多く訪れる国内有数のショッピング街であること。もうひとつは「ユニクロ トウキョウ」が隣接する有楽町エリアの再開発が進んでいること。「ユニクロ トウキョウ」は米ニューヨーク5番街や仏パリ・オペラ地区の店と同様、グローバル旗艦店と位置付けられている。

中国の店舗数が日本を上回る

 昨秋、中国・上海で開催された「国際輸入博覧会」にファストリは初出店した。11月5~10日の会期で「明日博物館」(明日のミュージアム)をテーマにヒートテックやエアリズムのほか、防寒・防風ダウンコート、ウルトラライトダウンなどの技術を展示、お披露目した。ブースの広さは1500平方メートル。同博覧会に出展した日本企業はトヨタ自動車などメーカーが中心だった。ユニクロが出展したことで注目度が上がり、およそ20万人が訪れた。流通企業のなかでは最大級の賑わいをみせた。

 コロナ感染からいち早く復活した中国で大量出店を再開した。月平均7店のペースで地方都市にも店舗網を広げた結果、20年8月末の中国のユニクロの店舗数は767店に達し、国内の直営店(764店)を初めて上回った。15年8月末には387店だったから5年で倍増したことになる。10月末の中国の店舗は781で、国内を凌駕している。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合