NEW
松岡久蔵「空気を読んでる場合じゃない」~CAが危ない!ANAの正体(2)

ANA、CAの異常な過酷労働環境…国際線1泊4日、平均勤続年数6年、勤務中に卒倒

文=松岡久蔵/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】, ,
ANA、CAの異常な過酷労働環境…国際線1泊4日、平均勤続年数6年、勤務中に卒倒の画像1
ANAのCA(写真:Aviation Wire/アフロ)

「全日空(ANA)のフライトスケジュールは、CA(客室乗務員)を使い捨てにしているようにしか思えないんです」

 ANAの現役CAはこう肩を落とす。現在は新型コロナウイルス感染拡大で国際線が壊滅状態になるなど例外中の例外の状況になっているが、2019年までの通常運航では過労死リスクの高まるような過酷な労働環境を強いられていたことが、筆者の取材で明らかになった。

ANA特有、国内線1日4便の超ハードスケジュール

 ANAではコロナ禍前には、CAの国内線の乗務スケジュールで「1日4便」という勤務が行われていた。以下は、筆者がANAのCAの現役・OGに取材した結果に基づく、ある日の勤務スケジュールである。羽田-広島便を往復し、続いて羽田-函館便を往復する場合、以下のような一日になる。

10:15 家を出る。

11:15 会社着。その後、着替えや旅客情報の確認などのフライトの下準備を行う。準備が一通り終わったら、コンビニで買ったパンを5~10分で食べてから勤務開始。

12:15 勤務開始時刻。打ち合わせへ。フライトに関する安全確認や注意事項を確認し、セキュリティを通過、飛行機に到着し、非常口や消火器等の装備品を確認、客室サービス用品のチェック、運航乗務員とのブリーフィング、セキュリティチェックなどを行い、搭乗旅客の案内を開始。

13:15 羽田空港を離陸。【A:飲み物サービス、その他乗客のケア、機内での保安業務、機内販売等、着陸態勢の安全性チェック等を行う】

14:30 広島空港に到着。【B:乗客が降機した後、清掃チェック、セキュリティチェック等を行い、すぐに次便の乗客の搭乗がはじまる】

15:20 広島を離陸。【Aをくり返す】

16:45 羽田に到着。【Bをくり返す】

17:30 羽田を離陸。【Aをくり返す】

18:50 函館空港に到着。【Bを行う合間に、5分でお弁当を食べる】

19:35 函館を離陸。【Aをくり返す】

21:00 羽田に到着。ゲートから客室センターに戻り、フライトの振り返りやレポートなどの確認を行う。

21:30 勤務終了時刻

21:45 メールボックスの確認や着替えをし、会社を出る。

22:45 家に着く

 ここでの勤務で、ANAが記録する出社から退社までの勤務時間は9時間15分だが、着替えてから業務に関わった時間は10時間30分になる。午前中の下準備の時間は勤務時間に入らないが、通常業務をこなすには必須のため、サービス残業が常態化しているという。

 この後、通常業務に忙殺されるなかで休憩時間はまったくなく、食事も「地上待機中に清掃のホコリのなかで5分で済ませる程度で、もう少し長い路線だと上空で食べることもあるが、それも立ったまま5~10分で済ませることも珍しくない」(前出の現役CA)。飛行機が遅れて到着した場合はお弁当を食べられず、そのまま持って客室センターに戻ることもあるという。

 また、近年、フライトログや同乗メンバー、乗客数などはすべて会社支給のiPadに入っているため、自宅や通勤時に必要な情報を確認する人は多い。また、現在、出社場所を変更する運用も行われているが、いずれも着替えや下準備の時間は勤務時間にカウントされずサービス残業であることには変わりないという。ある20代のCAはこう内情を明かす。

「毎日送られて来る業務連絡がすごい量で、休日もチェックに追われます。『必読』マークがつく資料は10件に1件程度ですが、『一応全部確認してください』と言われるため、結局全部見ないといけないのが、ものすごい負担になっています。

 国内線の機内販売もきつく、大阪線など時間が短い便でも販売し、On Time(定時制)と言いながら着陸後も機内販売しようとする現場リーダーがいるのには疑問を感じざるを得ません。しかも、駐機中は時間が短く、バタバタしてミスにつながらないかと不安に思いながら業務に取り組まないといけないため心理的な負担は大きい」

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合