NEW
松岡久蔵「空気を読んでる場合じゃない」~CAが危ない!ANAの正体(6)

ANA、コクピット内で機長が副操縦士に壮絶パワハラ…退職者続出、乗客の安全脅かす

文=松岡久蔵/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

ANA、コクピット内で機長が副操縦士に壮絶パワハラ…退職者続出、乗客の安全脅かすの画像1
片野坂真哉ANAホールディングス社長(写真:つのだよしお/アフロ)

ANA(全日本空輸)はCA(客室乗務員)だけでなく、パイロットもコクピットでパワハラの被害にあっているような惨状なんです」

 本連載中、筆者のもとに情報提供してきたANAの現役パイロットA氏(イニシャルではない/以下同)はこう肩を落とした。コクピットは機長と副操縦士の2人きりの密室で、ハラスメントがもともと起きやすい環境だ。世界の航空業界では運航の安全を保つため、コクピット内では上下関係は守りつつ、お互いが言いたいことを言い合える関係をつくることが機長の責務とされているが、それと完全に逆行する。A氏が提供してくれた証拠とともに、ANAのコクピットでのパワハラの実態を明らかにする。

機長昇格訓練で副操縦士に罵詈雑言を投げかける2人のパワハラ機長

 さっそく、A氏が提供してくれた機長のB氏とC氏のパワハラの証拠を見ていこう。以下は、一般乗客が乗る通常営業便での副操縦士の機長昇格訓練で発せられた、機長による暴言のごく一部である。通常便でこの訓練が行われるのは一般的であることを踏まえた上で、まずはB氏の事例から。

「まず、お前は社会人として失格。自分の周りの同級生と比べてみろよ。どうなんだ? よっぽどお前は劣った人間だよな? よっぽど皆さんのほうが頑張って社会人してるよな? そんな奴が偉そうに人並み以上の待遇にあぐらをかいて、ましてや機長昇格に手を挙げてるなど論外。人としてその感覚を疑う」

「(家族の体調不良のためスケジュールの一部変更を実施したところ、)そんなインチキしようとするお前も馬鹿なら、体調悪くなったっていうお前の嫁も家族も全員馬鹿だ」

「Light類(筆者注・計器類)の呼び方がイカれてるな、このバカ。(注・他の機長から受けたアドバイスを話すと)そう指摘してきたのはどこのバカだ? そんなバカの言うことを真に受けるお前は、さらに救いようのないバカ。猿より酷い」

(怒り狂った罵声とATC<管制無線>が被ったので「機長、ATCが被ってます」と言ったら)「聞こえてるよ! バカじゃねえの?」と絶叫の後、10秒近くこちらを凝視し「おまえマジでムカつくな、マジイカれてるわ」

「お前は誰のアドバイスも受け入れない駄目人間。殿様みたいに生きてきたんだろ。楽しいよな? 一生そうしてりゃいいじゃんか。そのまま仕事やめちまえよ。俺が簡単に突き落としてやるから」

 日時や便名は、このメモを提供してくれたA氏の特定につながるため、差し控える。ただ、文言をご覧にいただくだけで、2人きりの密室で「指導」という名の下に、このような罵詈雑言を投げかけられ、ときには十数時間一緒にいなければならない副操縦士の心中を想像してほしい。このB氏は常に副操縦士を怒鳴りつける癖があるというから尋常ではない。

 次に別の機長C氏の、同じく副操縦士に発した暴言をみていく。

「俺のこと舐めてるのか」

「俺が誰だか、分かっているのか」

「俺の評価次第で簡単にお前の訓練止められるんだからな」

 C氏は、操縦中の副操縦士に対して手を叩くなどの暴力を働くこともあったという。この場合、一時的に操縦桿やスロットルなどの操縦システムが手放し状態になり、非常に危険なことはいうまでもない。また、自動操縦が入っていたとしても、それが解除される可能性が高い。別の機長と副操縦士が操縦している時、副操縦士の真後ろの補助席から操縦席を蹴ることもあったという。機種問わず営業便でこのような蛮行が行われているといい、旅客が乗っているという自覚がないとしか思えない。

RANKING