『古畑任三郎』、実現しなかった幻のストーリー…勝新太郎、志村けんも犯人役候補だったの画像1
古畑任三郎(「FOD」より)

 4月3日に俳優の田村正和さん(享年77)が亡くなっていたことが明らかになった。田村さんといえばドラマ、映画、舞台と数多くの主演・出演作品があるが、ひとつに絞れといわれれば、やはりドラマ『古畑任三郎』(フジテレビ系)シリーズに尽きる。フジテレビでは5月21日20時から、田村さん追悼特別番組として『古畑任三郎ファイナル~ラスト・ダンス~』を放送する。

 1994年4月に第1シーズンがスタートした本作は、2008年6月にスペシャルドラマで放送された『古畑中学生』(主演:山田涼介)まで、全43エピソードを誇っている。だが、それ以外にも、企画段階を終え収録直前まで進行していた話や、犯人役として名前が挙がったものの実現に至らなかったタレントなど、“幻のエピソード”があることをご存じだろうか。

 企画が組まれたものの、諸事情で実現しなかったボツ案には、以下のようなものがある。

 まずは幻のエピソードのなかで、もっとも実現化に近かった作品から紹介しよう。大物俳優・勝新太郎を犯人役に迎えた『殺意の賛美歌(仮)』という話だ。勝が演じる役は、ウエスタン歌手。被害者を殺したあと死体を隠し、時計も細工して古畑と対決するストーリーだったという。

 1996年1月放送開始の第2シーズンで予定されていたが、自身の特別舞台『夫婦善哉東男京女』出演と時期が重なってしまったため、収録直前で降板する憂き目に遭っている。

 99年4月スタートの第3シーズンに先だって放送されたスペシャル第4作の犯人役は当初、志村けんが予定されていた。だが、当の志村がこのオファーを辞退したため、犯人役は緒形拳に変更。監察医の黒岩健吾が猟奇的な連続殺人に手を染める『黒岩博士の恐怖』のエピソードとなった。

 志村は過去のインタビューで「演出されるのが苦手」と語っており、映画出演はわずかに3本のみ。ドラマに至っては、遺作となったNHK朝の連続テレビドラマ『エール』1本だけだ。それだけに、もし実現していたら、かなり貴重な作品となっていたに違いない。

 第3シーズンでは、放送開始前のテレビ雑誌で真田広之や大地真央、そして三上博史の出演が予告されていた。ところがこのうち、文楽の人形遣い役で出演するはずだった三上博史が降板してしまう。というのも、同じフジテレビの看板ドラマ枠である“月9”の『リップスティック』への主演が急きょ決まったためだった。テレビ雑誌に掲載された番組プロデューサーのインタビューによると、シナリオは完成していたが、お蔵入りになったという。

 ほかのドラマで自身が演じた役を、そのままの役名で演じてほしいとの出演オファーを断った役者もいる。織田裕二である。『古畑任三郎』と同じ三谷幸喜脚本のドラマ『振り返れば奴がいる』(フジテレビ系)の主人公・司馬江太郎役で、第1シーズンにオファーが来たが辞退。

 その理由を織田は、03年に開催されたファンクラブ・DEPSツアーのフェアウェルパーティーで、こう明かしている。いわく「僕は、司馬江太郎が負ける姿は観たくない」とのこと。クールでミスをしない司馬江太郎が、自身のほころびから捕まる姿は想像できないということだろうか。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合