柴咲コウ“社長”、会社が経営危機…芸能人の会社経営、失敗・成功の意外な分かれ目の画像1
柴咲コウ

 女優としての活動はいたって順調だが、副業がピンチに陥っているようだ――。

 昨年、大手芸能事務所スターダストプロモーションから独立した女優の柴咲コウ。昨年はNHKの連続テレビ小説『エール』でオペラ歌手役を演じ、主演を務めた連続テレビドラマ『35歳の少女』(日本テレビ系)では迫真の演技が高い評価を獲得。さらに現在公開中のディズニー最新映画『クルエラ』では主人公の声優を務め、今年10月公開予定の映画『燃えよ剣』にも重要な役どころで出演するなど、女優としての活動はまさに順風満帆だ。

 一方、柴咲が社長を務める会社の業績が悪化しているという。柴咲はスターダストに所属していた16年に、アパレルブランドの企画・販売などを手掛けるレトロワグラースを設立し、自ら経営を切り盛りしている。だが、5月に公表された同社の決算公告によると、20年12月期は6806万円の赤字で、4期連続の赤字。さらに利益余剰金も1億円以上のマイナスとなっており、一般的には経営危機といわれても仕方ない状況となっている。

「柴咲さんの会社は衣食住製品の企画・開発を行っていますが、そもそも自然派志向の商品は開発に時間もかかるし、コストもかさむ。再生素材を使ったブランドを立ち上げたことがきっかけで、環境省の環境特別広報大使を務めたりもしましたが、アパレル事業の業績が悪いこともあり、興味が薄れてきているようです」(業界関係者)

 柴咲はレトロワグラース以外にも、父親の故郷である北海道で牧場も経営。将来は父親と一緒に北海道で暮らす計画を明かしたこともある。

「コロナの影響で自由に北海道にも行けず、自身の会社や事務処理などもあり、イライラが募っているようです」(柴咲を知る関係者)

 芸能人が副業として会社を立ち上げ事業を展開することは、今では珍しくない。たとえば、俳優の香川照之は2018年に、昆虫服のプロデュースを手掛ける会社「アランチヲネ」を設立し、ブランド「インセクトコレクション」を展開。ヒロミもトレーニングジムなどを運営する「ビィーカンパニー」社長を務め、敏腕経営者としての顔もたびたびフューチャーされている。

 一方、歌手の千昌夫は不動産事業を手掛ける不動産会社が2000年に事実上倒産し、会社の負債総額は1000億円ともいわれている。また、俳優の津川雅彦が経営していた乳幼児向けおもちゃ販売会社「グランパパ」が約6億円の負債を抱え自己破産の危機に陥り、資金繰りのために妻で女優の朝丘雪路が実家を売却するなど、失敗する例も多い。

 そんな芸能人の会社経営だが、何が成功と失敗を分けるのだろうか。百年コンサルティング代表取締役で事業戦略コンサルタントの鈴木貴博氏に解説してもらった。

会社が成功する条件はシンプル

 芸能人が経営する会社が成功する条件はシンプルです。人を見る目があり、人を動かす力があって、しかも顧客を動員できること。この3つです。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合