『バス旅Z』、名場面ベスト5!小野真弓男前すぎる一言、北原里英格好良すぎる宣言の画像1
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」公式サイト(テレビ東京HPより)

 コロナ禍が続くなか、6月5日に人気テレビ番組『ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z』(テレビ東京系)の最新作が、およそ半年ぶりに放送される。

 この番組は俳優・田中要次と小説家・羽田圭介のコンビが、女性ゲストのマドンナと共にローカル路線バスのみを乗り継ぐ旅番組。第16弾となる今回のマドンナは梅宮アンナで、ルートは“岡山・後楽園~山口・錦帯橋”である。ただし途中、広島の尾道と島根の出雲大社の2つのチェックポイントに立ち寄らなければならないことになっている(順番に決まりはなく、どちらから攻めても可)。

『バス旅』といえば、前任者の太川陽介・蛭子能収コンビのオリジナルシリーズと何かと比較されている。賛否両論渦巻いてもいる。だが、それでも名場面は間違いなくあるのだ。そこで今回は、過去15回のなかからマドンナ絡みの“名場面ベスト5”をお送りしたい。

小野真弓「決まったことには文句言わない」

 第5位は第5弾から。マドンナに小野真弓を迎えたこの回は、徳島県の徳島城から香川県の丸亀城と愛媛県の宇和島城をチェックポイントとして回り、高知県の高知城がゴールだった。

 その2日目のことである。初日は順調に進んだものの、この日は一転して苦戦の連続。トータル22キロも歩いて香川県の丸亀駅から愛媛県の川之江駅までたどり着いたのだが、その途中の香川県の三豊総合病院のバス停で事件は起きた。ここまで10.5キロも歩き16時ごろに到着したのだが、ここで先に行く箕浦へのバスが17時43分までないことを知ってしまう。待ち時間は1時間40分もあるが、これに乗れば5キロ以上を歩かずに済む。

 ここで羽田が「歩いたら1時間」と見積もるのだ。すると小野は「待とうよ。待つでしょ? えっ? 待つよね? 絶対待つでしょ!」と、戸惑いの声を上げた。だが、箕浦へはバスを待つより歩いたほうが1時間以上も早く行けそうだと考えた羽田が歩こうとすると、小野が「バス出ているのになんで歩くんですか。路線バスの旅ですよ」と激しく抵抗。

 これに対し羽田は、「バスって県とかバス会社の管轄によって、全然情報が共有されていない場合が多いので、すぐ近くに県境があるんだったら、さっさと次の県に行ったほうが県の中心部に行く情報が得やすくなるんですよ」と説得。次の瞬間、小野もこれに納得したのか、「言いたいことはすごくわかりました。頑張ろう」と言い聞かせる。さらに続けて「決まったことには文句言わない」と、自らを鼓舞したのである。体はすでにボロボロなのに出た一言が“男前”だった。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合