NEW
松岡久蔵「空気を読んでる場合じゃない」~CAが危ない!ANAの正体(17)

ANA、CAたちが戦々恐々…何気ない私的SNS投稿で乗務停止処分→自主退職が相次ぐ

文=松岡久蔵/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

ANA、CAたちが戦々恐々…何気ない私的SNS投稿で乗務停止処分→自主退職が相次ぐの画像1
ANAの737-800の特別塗装機(「Wikipedia」より)

 本連載の前回では、全日本空輸(ANA)が客室乗務員(CA)のSNS投稿について、極端なオンライン研修を実施している実態を報じたが、今回はルール違反をしたCAの処分の実例に加え、乗務停止処分を下されたCAの自主退職が相次ぎ、事実上の退職勧奨になっていることについて明らかにしていく。

「訓練同期」や「世界中に行っている」と書き込むだけで処分対象

 早速、ANAのオンライン研修で過去の処分例として挙げられた主なものを、いくつか具体的に見ていこう。なお、以下の投稿のアカウントは実名だったのか匿名だったのかは確認できなかったが、「ANAのSNS監視の執拗さはCAの間で共有されているため、基本的には匿名アカウント」(現役CA)だと推察される。

ANA、CAたちが戦々恐々…何気ない私的SNS投稿で乗務停止処分→自主退職が相次ぐの画像2

 この「匂わせ」の例は、確かにハッシュタグなどから明らかにCAとわかるものの、この程度ならANAのCAと仮に名乗っていたとしても問題なさそうな、ごくごく一般的な内容であろう。他業界の女性社員でも同じような投稿をしている上、投稿時刻、便名などからANAのCAと割り出せたとしても、この内容だけで客からクレームが来るとは考えにくい。

 このほかの処分例としては、アップしたチケットの写真に優待券を示す記号がついていたり、コメントに「訓練同期」や「世界中のいろんなところに行っている」と書いてあるものが挙げられている。チケットの件は一般人はまずわからないだろうし、コメントに至っては一般常識からすればなぜ書き込んだり返答したりしてはいけないのか理解しがたい。「初めて 自慢 自己顕示欲」については、「キャプテンごちそうさまでした。8人ご馳走してくれるとか太っ腹すぎ」が微妙なくらいで、あとはそれほど会社のブランドイメージを毀損しているともいえない。

ANA、CAたちが戦々恐々…何気ない私的SNS投稿で乗務停止処分→自主退職が相次ぐの画像3

 次に、「社外秘情報の漏洩 マイナス感情表現 私的見解の投稿」だが、これも「社長が雇用を守るとか超いい会社」というのは不適切だが、ほかは自分が勤める会社のネガティブニュースへの反応としては、匿名アカウントでの投稿なら問題ないとはいえないものの、懲戒処分は行きすぎではないか。

CAに「完璧」を求め過ぎて、過度な締め付けが現場にストレス

 ANAは「ANAのCAであることが推察されれば、良かれと思った投稿でも、読み手にとっては悪意や不快に感じることがありANAブランドを傷つけることにつながります」と研修で指導している。ただ、仮に推察されたとしても、ANAという社名を出していない以上、どのような投稿が常識的なものかは、個人として判断させるべきではないだろうか。

 もし、そのCAのSNS利用の度が過ぎて問題になった場合には、注意して削除させるなりすればいいだけの話で、SNS全盛時代となって久しい現代で人を雇う以上、その程度のリスクは許容するしかない。ANAは密告も奨励するSNS監視の専門部署「SNSオフィサー」を設置し、「不適切な投稿を必ず撲滅しましょう」という標語を掲げたが、このような極端な姿勢や社員教育の方向性は、そもそも時代に合っていないといえよう。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合