NEW
小林敦志「自動車大激変!」

新型アクア&カローラクロスは大ヒット確実…トヨタ、異例の新型車ラッシュの販売事情

文=小林敦志/フリー編集記者
新型アクア&カローラクロスは大ヒット確実…トヨタ、異例の新型車ラッシュの販売事情の画像1
トヨタ自動車 公式サイト」より

 トヨタ自動車が、2021年9月までにニューモデルラッシュを予定している。情報を整理すると、すでに多方面で伝えられているが、7月19日発表予定として新型「アクア」が、そして8月末予定とされており、すでに海外でワールドプレミアされている新型「ランドクルーザー(300)」。さらに、ランドクルーザーのすぐ後になるとされているが、「GR86」の正式発売、そしてニューモデルラッシュの最後を飾るように、昨年タイでワールドプレミアされている「カローラクロス」が、いよいよ国内発売される予定になっている。

 ある新車販売事情通は、こう語る。

「この情報をベースにして話をすれば、短期間にこれだけのニューモデルがひとつのメーカーから発表されるのは極めて異例です。新型車登場を“人寄せパンダ”にした、その新型車以外も含んだ購入見込み客の店頭誘致は新車ディーラーの常套手段です。さらに、外出自粛が要請されるコロナ禍では、発表展示会や試乗会といった週末イベントの開催による積極的な集客活動を自粛していますので、平時に増して“人寄せパンダ”の存在は大きいのです。それなのに、3カ月ほどの間で4車種もの新型が相次いで登場するのは“もったいなく”見えるし、重ねて異例に映ります」

 ただし、販売現場の受け止め方は極めて冷静である。あるトヨタ系ディーラーのセールスマンは、以下のように話す。

「確かに短いスパンで新型車が多く登場予定となっておりますが、販売促進活動により量販が期待できるのは、新型アクアとカローラクロスぐらいといっていいでしょう。ランドクルーザーは、昨年5月のトヨタ系ディーラー全店での全車併売化が実施されるまではトヨタ店の専売車種でした。しかも、流行りのクロスオーバーSUVではなく、クロカン(クロスカントリー4WD)という表現が似合う、本格オフロード走行もラクラクこなす4WDとなります。トヨタ店はすでに歴代ランドクルーザーシリーズを販売しているので、それらのお客様へ新型への乗り替えを勧めることができますが、新規に扱うようになった店ではトヨタ店のような“乗り替え母体”がありません。ほかの車種からといっても、ランドクルーザーに興味を示すお客様は極めて限定的です。ただ、そうはいっても『注文を今すぐ入れたい』とご連絡をいただくお客様も意外なほどいらっしゃって、驚いております」

 また、GR86について聞いてみると、以下のように話してくれた。

「まず排気量が2Lから2.4Lになりましたので、排気量アップがもたらす影響がなかなか読めません。前身となる現行86は、全店全車併売化以前からすべてのトヨタ系ディーラーで扱っておりますので、全店にGR86への入れ替え母体があるものと考えられますが、スポーツクーペの宿命というか、ご購入されたお客様のなかには、支払い回数の長いローン、つまりタイトなプランを無理して組んで購入しているケースも目立ちます。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合