NEW
篠崎靖男「世界を渡り歩いた指揮者の目」

オリンピックだけじゃない!オーケストラも古代ギリシャ発祥、人を感動させる圧倒的パワー

文=篠崎靖男/指揮者
【この記事のキーワード】

,

オリンピックだけじゃない!オーケストラも古代ギリシャ発祥、人を感動させる圧倒的パワーの画像1
「Getty Images」より

 東京2020オリンピック・パラリンピックでは、毎日が感動でした。考えてみたら、通常の生活のなかで感動することなど、頻繁にはありません。オリンピックでは、205の国と地域、難民選手団から1万1000人が参加し、339種目が行われたわけですから、もし全部見ることができたとしたら、2週間半の間に339回も感動できたことになります。その後のパラリンピックも、161の国と難民選手団。オリンピックに比べて半分以下の参加人数ではありましたが、競技数は540種目に上り、その数だけ感動があったのです。

 オリンピックという言葉の語源は、古代ギリシャの地名で、古代オリンピックが行われていた街、オリンピアです。当時、競技会が行われている期間中は、あらゆる戦争が休戦とされていたと伝えられており、近代オリンピックにおいても、係争中の国々の選手がスタジアムに一堂に介してスポーツに打ち込むという、オリンピック精神に受け継がれていることはよく知られています。古代都市オリンピアは、今もなお聖地中の聖地で、遺跡のヘラ神殿で採火された聖火が、今回も東京のオリンピックスタジアムまで運ばれてきたことは、ご存じの通りです。

 古代ギリシャのスポーツの祭典を原型とした近代オリンピックですが、ヨーロッパ暗黒の中世の後に出現したルネサンスも、古代ギリシャに深いかかわりを持っています。

 暗黒の中世と言いましたが、暗黒にしていた大きな理由のひとつは疫病のペストです。14世紀に起こったペスト第2波では、中国の人口を半分に減らし、あっという間にヨーロッパに広まり、イギリスやイタリアでは人口の8割が死亡したともいわれています。全滅した街や村まであったそうですが、当時は細菌の存在も知られておらず、民間療法のような治療や迷信に頼るしかなかったので、悪魔の仕業と考え、疫病に呪われた街を捨てて、国境を越えて遠くに逃げた裕福な人々が、ほかの土地にも伝染させていくことになりました。

 最終的にヨーロッパの3分の1の人口が減ったといわれていますが、労働人口も激減してしまい、経済を立て直すのにも長い年月がかかりました。ただ、農村部では持ち主がいなくなった農地を得て、豊かになった農民も少なくなかったといわれています。そして、王様も民衆と同じようにペストで倒れたことから、身分の差などなんの意味もないという思想も現れ、ルネサンス運動につながっていきます。

オーケストラは古代ギリシャが発祥?

 ペストによって中世に終止符が打たれ、それから始まったルネサンスについて、学校の歴史の授業では「文芸復興」と教わったと思います。しかし、「ルネサンス」の元々の言葉の意味は、「再生・復活」です。このおぞましい疫病に生き残った人間が、エネルギッシュに立ち上がった時代だったことは、当時の絵画や彫刻からもわかります。中世では、表情が無く描かれていたイエス・キリストや聖母マリアの宗教画が、ルネサンスの巨匠ミケランジェロの『最後の審判』のように、人間の表情が感情豊かに描かれるようになりました。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合