NEW
木下隆之「クルマ激辛定食」

日本カーオブザイヤー、大賞決定の裏側…今年はトヨタから3台が最終選考へ

文=木下隆之/レーシングドライバー
【この記事のキーワード】,

2021-2022日本カー・オブ・ザ・イヤー」の第一次選考会で、最終選考に進む“10ベストカー”が決定した。前年11月1日より今年10月31日までに日本国内で発表された乗用車が対象で、日本国内の主要メディアで組織される一般社団法人日本カーオブザイヤー実行委員会が、厳正なる投票によって選出した選考委員60名により投票が行われ、年末の最終決戦で最優秀の「大賞」が決定する。その権利を得た10台が決定したのである。

 第一次選考はトップ10台を決定するものであり、順位は問われない。したがって得票数は公開されない。選考委員である僕にさえ、どのクルマがどれほどの票を獲得したのかは知らされないのである。

 10ベストカーに輝いたモデルを紹介する。トヨタ自動車からは、以下の3台が選出された。

GR86/SUBARU BRZ」

日本カーオブザイヤー、大賞決定の裏側…今年はトヨタから3台が最終選考への画像1

「MIRAI」

日本カーオブザイヤー、大賞決定の裏側…今年はトヨタから3台が最終選考への画像2

「ランドクルーザー」

日本カーオブザイヤー、大賞決定の裏側…今年はトヨタから3台が最終選考への画像3

「GR86/SUBARU BRZ」は、トヨタ/スバルとの兄弟車でもあることから、両メーカーに10ベストカーの栄誉が与えられる。ほかの7台は、次の通り。

日産自動車「ノートオーラ/ノート オーラNISMO/ノートオーテッククロスオーバー」

日本カーオブザイヤー、大賞決定の裏側…今年はトヨタから3台が最終選考への画像4

本田技研工業(ホンダ)「ヴェゼル」

日本カーオブザイヤー、大賞決定の裏側…今年はトヨタから3台が最終選考への画像5

三菱自動車工業「アウトランダー」

日本カーオブザイヤー、大賞決定の裏側…今年はトヨタから3台が最終選考への画像6

BMW「4シリーズ」

日本カーオブザイヤー、大賞決定の裏側…今年はトヨタから3台が最終選考への画像7

シボレー「コルベット」

日本カーオブザイヤー、大賞決定の裏側…今年はトヨタから3台が最終選考への画像8

メルセデス・ベンツ「Cクラス」

日本カーオブザイヤー、大賞決定の裏側…今年はトヨタから3台が最終選考への画像9

フォルクスワーゲン「ゴルフ/ゴルフ・ヴァリアント」

日本カーオブザイヤー、大賞決定の裏側…今年はトヨタから3台が最終選考への画像10

 最終選考に挑むのは、以上10ブランドである。

 選考委員の選出は毎年、行われる。日本カーオブザイヤー実行委員会が、推薦を受けた自動車ジャーナリストたちを対象に投票を行い、上位60名を選考委員として任命する。日頃から自動車ジャーナリスト活動に取り組み、知見豊かで、多くのクルマに触れていることが条件。選考に対しての対価はなく、あくまでボランティアとしての参加となる。

 ノミネートの対象が、やや中途半端な「11月1日から翌10月31日までに発表されたモデル」とされているのは、年末の投票に対して十分な試乗取材機会を得られるかが重要だからであろう。最終決戦までの時間的な理由によるものだ。

 日本国内で販売されたモデルであれば、生産国は問われない。輸入車も対象なのだ。ただし、本戦である最終決戦で、仮に日本車がトップ得票で大賞に輝いた場合には、輸入車のなかで最高票数を獲得したモデルが「インポート・カーオブザイヤー」として称えられる。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合