NEW

『見える子ちゃん』偽の公式ツイアカ、作者に当選DM…アニメ業界の根深い問題

文=編集部
【この記事のキーワード】, ,
『見える子ちゃん』偽の公式ツイアカ、作者に当選DM…アニメ業界の根深い問題の画像1
『見える子ちゃん』が掲載されている「WebComic アパンダ」公式サイト

「WebComic アパンダ」(KADOKAWA)に連載中の人気漫画『見える子ちゃん』の作者、泉朝樹氏が29日、自身の公式Twitterアカウント上で、同作品の“公式アニメアカウント”を騙る何者かからDMが送られてきたことを明かした。

 泉氏は以下のように投稿し、ファンに注意喚起した。

「作者であるワタシに偽当選DM送ってくるとはいい度胸だな」(原文ママ、以下同)

「ワタシの通知欄でも複数の偽アカウント確認してるので次から次に沸いてると思うので、DMには気を付けてね本当に」

作成され続ける偽アカウント

『見える子ちゃん』は「ある日突然、普通の人には見えない異形な“ヤバい”やつらの姿が見えるようになってしまった女の子。彼女は、彼らから逃げるでもなく、立ち向かうでもなく……、精一杯シカトしつづける事に」(アパンダ公式サイト作品紹介より)という筋書きのホラーギャグ漫画。泉氏がTwitterで投稿していた短編が大きな反響を呼び、ウェブコミックとしての連載化が決定。今年10月からはTOKYO MXなどでテレビアニメ化されている。

 今回の事例は、アニメ公式アカウントを騙る何者かが「『見える子ちゃん』のTwitterプレゼントキャンペーンに当選した」などというDMを不特定多数に送付し、Twitterユーザーのメールアドレスなどの個人情報を詐取しようとしていたようだ。アニメ企画に携わったことのあるキー局関係者は話す。

「今回は、泉さんがすぐにファンに向けて注意喚起をされたのは本当にありがたいです。ご本人も投稿されている通り、少しでも名の知れたコンテンツとなれば、そのコンテンツ名を騙ったなりすましアカウントがTwitter上には溢れています。当然、発見し次第、各社の担当者が対応を取るのですが、いたちごっこですべてに対応できているとは言いがたいと思います。

 Twitterを利用したプレゼントキャンペーンは、アニメやマンガ、ゲームに限らず、とても有効なPR手段です。どこの会社さんも頻繁に使われていると思うのですが、今回はそれを逆手にとった悪質な行いだと思います」

今年9月にはアニメ「ポケモン」の偽アカウントも

 最近のなりすましアカウントの現状に関し、ITライターは次のように話す。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合