NEW

『ラヴィット!』低視聴率で打ち切りも?…麒麟・川島もタジタジのあのちゃん騒動のウラ側

文=藤原三星
【この記事のキーワード】, ,
【確認中】『ラヴィット!』低視聴率で打ち切りか…麒麟・川島もタジタジのあのちゃん騒動のウラ側の画像1
川島明のMCが好評の情報番組『ラヴィット!』(TBS系)。旬の芸人がガチャガチャしすぎて、川島の心地いい低音ボイスが聞こえない! (画像は、TBS公式YouTubeチャンネルのプロモーション動画より)

 お笑いコンビ・麒麟の川島明がMCを務める朝の帯番組『ラヴィット!』(TBS系)。番組開始当初から視聴率1.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録するなど苦戦を強いられ、今も同時間帯の情報番組中断トツの低視聴率が続く。しかし、11月からはTVerにて毎日「見逃し配信」が始まるなど、新たな注目を集めているのも事実だ。

 朝の情報番組を手掛けるある放送作家はこう語る。

「“日本で一番明るい朝番組”を標榜し、4月から始まった『ラヴィット!』。ニュースを一切扱わず、生活情報にこだわりながら芸人率高めなレギュラー陣が朝から大喜利をやりまくるという姿勢を崩さなかったことが功を奏したのか、ネット記事にネタにされることも多く、低視聴率のわりには番組の認知度は高い、との評価を得ています。だからこそ、11月からの見逃し配信が決定したんでしょう。しかし、朝の帯番組が連日TVerで見逃し配信されるというのは異例中の異例。とはいえ、ビビる大木やアンタッチャブル柴田英嗣からミキやアインシュタイン、見取り図などメンツ的には人気芸人だらけだし、鮮度の落ちづらい生活情報をメインとしているので、コンテンツとしては見逃し配信向きだといえる。今後、“スマホでも見られる朝の帯番組”として、より認知度が上がっていく可能性も非常に高いのではないでしょうか。

 また、苦戦を強いられている『ラヴィット!』の応援企画として、『水曜日のダウンタウン』(TBS系)ではアイドルで元ゆるめるモ!の“あのちゃん”を人気芸人たちが密かに遠隔操作し、大喜利に挑ませるという企画が10月20日にオンエア。千原ジュニア、野性爆弾のくっきー!、笑い飯の西田幸治、霜降り明星の粗品ら大喜利を得意とする芸人たちが「水ダウ」側で回答を考え、それを密かに伝えられたあのちゃんの口から『ラヴィット!』の生放送中にその名珍回答が放たれる……という展開は、当代随一のMC力を持つ川島さんでも戸惑いを隠せなかったほど。あのちゃんはその後11月28日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演、水ダウでの裏側について松本人志さんからツッコまれ、再度ネットニュースのネタにされていましたね(笑)」

 話題となった『ラヴィット!』のその放送では例えば、「浅草の名店七味唐辛子の中には何が入っている?」というクイズに対し、「ほぐした赤LARK」(笑い飯・西田)、「(麻雀牌の)チーソーの赤い部分」(霜降り明星・粗品)、「矢田亜希子さんの削り歯茎」(くっきー!)など、さすがの大喜利回答が頻出。それらの回答がリアルタイムでイヤーモニター越しにあのに伝えられ、訥々とした独特のたたずまいの彼女からそれらの回答が放たれたわけで、何も知らされていない『ラヴィット!』メンバー陣にどよめきが走ったのも無理からぬことだったといえよう。

「普段もクイズコーナーになると大喜利化することでも有名な『ラヴィット!』ですが、やはり早朝の生放送とあってトガッた回答はそこまでは出ず、“悪ノリ”の類の回答がほとんど。なので、あのちゃんの口から発せられたトンガリすぎのハイブロウな回答に直面し、ドッキリと知らない現場の出演者に戦慄が走ったのも当然といえば当然。この状態をなんとか収めようとした川島さんがあのちゃんに、『50歳ぐらいの作家がついてます?』と突っ込んだのはさすがでした。生放送中のこの違和感を、見事に言語化してみせたわけですから。

 今回のドッキリ企画以降、『ラヴィット!』は“悪魔の大喜利番組”としてさらに知名度を上げ、疑心暗鬼となった川島さんもクイズコーナーになると女性ゲストに『一応耳だけ見せてもらっていいですか?』とイヤモニを隠してないか確認するほど。結果『ラヴィット!』にとっても、今回のドッキリ企画はまさに“神回”に化けましたね(笑)」(前出・放送作家)

【確認中】『ラヴィット!』低視聴率で打ち切りか…麒麟・川島もタジタジのあのちゃん騒動のウラ側の画像2
歌手、モデルのあの。「ほぐした赤LARK」という回答が秀逸すぎて、「赤LARK」は放送直後にトレンド入りした。(画像は本人公式Twitterより)
RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合