NEW

好調なハンバーガー業態、新参2社の狙い…「わん」のオーイズミ、ロイホ運営会社

文=高井尚之/経済ジャーナリスト・経営コンサルタント
【この記事のキーワード】,
好調なハンバーガー業態、新参2社の狙い…「わん」のオーイズミ、ロイホ運営会社の画像1
「BURGER&BEER COLOR」の商品ラインナップ(筆者撮影)

「現象の裏にある本質を描く」をモットーに、「企業経営」「ビジネス現場とヒト」をテーマにした企画や著作も多数あるジャーナリスト・経営コンサルタントの高井尚之氏が、経営側だけでなく、商品の製作現場レベルの視点を織り交ぜて人気商品の裏側を解説する。

 2年続くコロナ禍によって、「飲食の景色」は一変した。

 職場への通勤が減って在宅勤務が浸透した結果、同僚と連れ立ってのランチ外出や、仕事仲間や取引先との夜の会食が激減。緊急事態宣言中の営業時間の短縮、酒類の提供も制限された結果、外食業界では居酒屋を筆頭に苦境に陥ったのはご存じのとおりだ。

 そんななかでも好調の業態が「ハンバーガー店」だ。もともとテイクアウトに強かったこと、酒類提供をする店が少ないことが追い風となった。最大手の日本マクドナルドホールディングスが、2021年12月期の業績を「2期連続最高益の見通し」と発表したほどだ。

 今年、「ハンバーガー」に注目して新業態を出店した企業もある。今回は2社の事例を紹介し、2021年のトピックスとして考えたい。

ビジネス街で「カラフルなバーガー」を訴求

好調なハンバーガー業態、新参2社の狙い…「わん」のオーイズミ、ロイホ運営会社の画像2
「BURGER&BEER COLOR」の外観(筆者撮影)

 11月30日、東京・大手町に「バーガーアンドビールカラー」(BURGER&BEER COLOR)がオープンした。“インスタ映え”しそうな、見た目もカラフルなハンバーガーが特徴で、運営は「くいもの屋 わん」などを展開するオーイズミフーズ(本社:神奈川県厚木市)だ。

 高級グルメバーガーとして、価格帯は「COLOR’S クラシック」(979円/店内飲食の税込み、以下同)から「クレイジードッグ」(2310円)まで。後者はパテが2枚のほか、厚切りベーコン、グリル野菜、チェダーチーズ、ハーブマヨネーズ、オニオンブラックペッパーソースで構成される。パテの原材料は豪州産牛肉の肩ロースで、バンズには小松菜を練り込んだ緑色バンズ、竹炭を練り込んだ黒色バンズもある。

「グリルド ケイジャン&フランク」(1089円)や「チキンウイング」(Mサイズで1430円)など、ビールに合う一品料理も用意。テイクアウト限定のランチボックスもある。

好調なハンバーガー業態、新参2社の狙い…「わん」のオーイズミ、ロイホ運営会社の画像3
「クレイジードッグ」(手前)は圧倒的なボリューム感だ(筆者撮影)

 それにしても、原宿など若者が集まる場所ではなく、日本を代表するビジネス街・大手町で、お堅い企業が多そうな場所に出店したのはなぜだろう。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合