NEW

いきなり!ステーキ社内報が炎上「クレーム当事者は厳重処分、ネガティヴ従業員を許せない」

文=編集部、協力=山岸純弁護士/山岸純法律事務所代表
いきなり!ステーキ社内報が炎上「クレーム当事者は厳重処分、ネガティヴ従業員を許せない」の画像1
いきなり!ステーキの店舗(「Wikipedia」より)

いきなり!ステーキ」などを運営するペッパーフードサービスがHP上に掲載した社内報で、社員に向けて「ネガティヴな従業員をゆるすことは、到底できません」「再三にわたるクレームの当事者は、厳重な処分をします」などと綴った内容が、議論を呼んでいる。

「社長から皆さんへ」と題された文章には、以下のような文言がみられる。

「どうやらこのネガティヴ従業員によって大部分のクレームが起こっているようです。『店舗では作業するだけで給料をもらえると思うのは大間違いです。』」

「ネガティヴな人は、この社長の年初の言葉をきっかけとして『自己改革』してください」

「ポジティブの人の『お客様ファン作りの阻害要因のネガティヴ人間をなくす事です。』」

「お客様に不快な思いをさせたネガティヴな従業員をゆるすことは、到底できません」

(「クレームゼロ憲章」より)「再三にわたるクレームの当事者は、厳重な処分をします」

 ペッパーフードサービスはここ数年、苦境にあえいでいる。2020年12月期決算の売上高は、前期比53.5%減の310億8500万円で、純利益は39億5500万円の赤字と、3期連続の最終赤字。同年度第2四半期(1~6月)は債務超過だったが、第三者割当増資などを行ったことで20年12月期末時点では資産超過に転換している。

 経営再建のため、20年には主力事業の一つだった「ペッパーランチ事業」を売却し、114店閉鎖と200名の希望退職者を募集するなど積極的に手を打っているが、苦しい経営環境が続いている。

 そうした状況を打破するためか、今回の社内報では一瀬邦夫社長が長文の熱いメッセージで社員に発破をかけてるわけだが、厳しい文言も散見されるため、Twitter上では次のように賛否の意見が飛び交う事態に発展している。

<これに関しては別におかしなこと言ってないと思うけど。接客サービスも給料分に含まれているという考えなんでしょ?それが嫌なら辞めればよいだけ>(原文ママ、以下同)

<これは当然のこと。これに反論していたりする人は基本仕事できない奴>

<バイトに対してではなく、正規職員に対してって話なら多少はわかる>

<ほんとに…経営者が従業員に甘えすぎだよ…。経営が苦しいところほどこういうこと言う>

<無理に店舗数増やしまくって従業員の質が悪いのは本人のせいっていうのは会社のトップとしてどうなんでしょう>

<顧客からクレームを貰う従業員をネガティブと決めつけるなら浅慮では。その理屈で言うと、今はファンを減らしてる社長が厳罰対象じゃん>

<社内報で上から言わないで、客を満足させられる能力を伸ばすトレーニングをするとかそっち方向でモチベートできないもんかね…>

<社内報に書くのではなく、ネガティブな人材を排除する組織と方策を考えて実行しないとダメでしょうね>

低価格の外食チェーンのビジネスモデル

 外食業界関係者はいう。

「基本的に、いきなり!ステーキをはじめとする低価格とボリューム、商品提供の速さをウリにする外食チェーンの店舗では、最低限の人員と効率良いオペレーションを徹底しているため、店員は余裕がないなかで目の前の注文をさばくのに精いっぱいの状態で、お世辞にも高いとはいえない給料や時給でキツイ労働を強いられている。

RANKING

5:30更新
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合