NEW

ソフトバンクG、幹部が次々と退社の異常事態…アーム社売却も失敗、前途に暗雲

文=Business Journal編集部
【この記事のキーワード】, ,
ソフトバンクG、幹部が次々と退社の異常事態…アーム社売却も失敗、前途に暗雲の画像1
ソフトバンクショップ(「Wikipedia」より)

 ソフトバンクグループ(SBG)のマルセロ・クラウレ副社長執行役員最高執行責任者(COO)が1月27日付で電撃的に退社した。クラウレ氏は孫正義会長兼社長の右腕として知られる存在だった。

 欧米メディアによると、クラウレ氏がスプリントの立て直しなど自身の功績を主張して最大10億ドル(約1150億円)の報酬と自ら率いる中南米向け投資ファンドの独立を求め、孫氏と衝突していたという。SBGの有価証券報告書では、クラウレ氏の21年3月期の報酬額は17億9500万円だった。

 クラウレ氏は南米ボリビアの出身。米国で起業した携帯電話販売会社を14年にSBGに売却して、グループの一員となった。同じ年にSBGが経営再建を進めていた米携帯電話大手、スプリント(現・TモバイルUS)の最高経営責任者(CEO)に就任し、業績を改善させた。その手腕が評価され、18年からSBGの副社長兼COOを務めていた。

 クラウレ氏の最大の功績は、スプリントの経営に関わり続け、孫氏の長年の目標だったTモバイルとの統合を20年に実現したことだ。だが、孫氏は17年に始めたソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)に完全に軸足を移した。SBGは携帯電話会社から投資会社に変貌していく。当然の流れだが、携帯電話会社の経営のハンドリングをしてきたクラウレ氏の存在意義は低下していった。

 現在64歳の孫氏は、後継者探しを「最重要テーマ」として掲げてきた。注目されたのは、14年に招聘した米グーグル幹部だったニケシュ・アローラ氏。「海外投資事業を担ったアローラ氏が後継者」と公言し、15年3月期に165億円の役員報酬を払い、話題になった。それでも、投資家グループが「アローラ氏は報酬に見合った成果を出していない」とし、同氏を解任するよう求める書簡を送った。アローラ氏も孫氏の投資手法をたびたび「趣味的」と揶揄するなど亀裂が深まっていたといわれる。アローラ氏は2年後の16年に退任した。

 SBGは18年、3人を副社長にした。主力の新興企業向け投資ファンド担当のラジーブ・ミスラ氏、海外事業統括・中南米向け投資ファンド担当のマルセロ・クラウレ氏、投資戦略統括の佐護勝紀氏。3人が後継レースを争うとみられていた。

 佐護氏が21年3月退任して、まず脱落した。ゴールドマン・サックス証券とゆうちょ銀行でNo.2を歴任し、18年にSBGに迎えられた人物だった。中東のオイルマネーを巻き込んで10兆円ファンドを組成したSBGは投資会社に向けて邁進した。これらの投資方針は、14年にSBG入りした副社長のミスラ氏など旧ドイツ銀行の出身者が主導。投資事業を統括するはずの佐護氏の出番はなかった。そして今回、クラウレ氏が事業家としての居場所がなくなりSBGを去った。

RANKING

5:30更新
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合