NEW

ファミマ、知らずに買うと後悔するかも…油っぽい麻婆丼、しょっぱい冷しラーメン

取材・文=A4studio
ファミマ、この春買う前に要確認な5品
ファミリーマートの店舗

 競争が絶えないコンビニ業界のなかで、セブン‐イレブン、ローソンとともに圧倒的な知名度を誇るファミリーマート。コーポレートメッセージである「あなたと、コンビに、ファミリーマート」というフレーズを聞いたことがある人も多いだろう。

 親しみやすいキャッチフレーズでお馴染みのファミマだが、4月30日に千葉県柏市の店舗で無人決済システムを導入することを発表。株式会社TOUCH TO GOが開発を担当した本システムは、客の来店から退店まですべてリアルタイムで認識可能であり、手に取った商品と合計金額まで算出できる画期的な仕組みである。このシステムによりファミマは、非対面・非接触の買い物を可能にするだけではなく、オペレーションの省人化、省力化まで見込むことができるとのことだ。

 そんな先進的な取り組みを行っているファミマは、この春も多くのフード商品をラインナップした。ファミマは常に魅力的な商品を発売しているものの、一方で“これは微妙”と首をひねってしまうようなものも、わずかながら存在する。そこで本記事では、“この春、要注意なファミマ商品”を5つ選出し、実際に食レポしていきたい。

肉の旨みとやわらか食感! 特製とんかつ弁当/598円(税込、以下同)

【完了】ファミマ、この春買う前に要確認な5品…油っぽい麻婆丼、しょっぱい冷しラーメンの画像2

「肉の旨みとやわらか食感!特製とんかつ弁当」は、肉の旨味にこだわったお弁当シリーズ「肉弁当 四天王」のひとつとして発売された商品。“ファミマの弁当自信作”と銘打たれてはいるが、SNS上では「価格が高いのにとんかつは筋と脂身だらけ」「ボリュームはあるけど噛み疲れた」など、やや厳しめのコメントが寄せられている。

 切り分けられたとんかつの真ん中の部分食べてみると、多少パサパサはしているものの、噛むごとに豚肉の旨味が味わえ、前評判とは異なる美味しさを感じることができる。だが、とんかつの端のほうを食べてみると、SNSのレビューどおり、脂身が多いためゴムのように噛みづらさを感じたのは事実。

 しかし、野菜や果物の酸味と甘みがよく効いたソースととんかつとの相性は良かったため、サクサクと食べ進めることはできた。食感が悪かったのは残念だったが、豚とソースの出来と相性は最高だったので、今後の改善に期待したい商品である。

4種の醤が決め手 四川風麻婆豆腐丼/430円

【完了】ファミマ、この春買う前に要確認な5品…油っぽい麻婆丼、しょっぱい冷しラーメンの画像3

 豆板醬、麻辣醤、豆鼓醤、甜面醤を使用した「4種の醤が決め手 四川風麻婆豆腐丼」。辛味と旨味が際立つ4種の調味料を使った本品は、見た目が赤々しく食欲をそそられるが、一口目から微妙な食感と言わざるを得ない評価となってしまった。

 まず麻婆豆腐の餡がジェルっぽくネチョネチョしており、口当たりがよろしくない。また油分が多いせいか食べ進めるうちに胃もたれしてきて、くどさを感じるようになってしまった。食感と油っぽさのどちらが損なわれても麻婆豆腐の味は微妙になってしまうので、この2点は本品を語るうえで惜しいところといえるだろう。

 とはいえ、醬の旨味は存分に効いており塩気もきつくはないので、味だけで言えば本格的な麻婆豆腐だ。ベースの味は良いので、食感や油の量を調整すればさらにクオリティの高い商品へと生まれ変わるかもしれない。

RANKING

5:30更新
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合