NEW

トヨタ社長肝いりの『トヨタイムズ』低調で行き詰まり…香川の不祥事後の異変が話題

文=Business Journal編集部
【この記事のキーワード】, , ,
トヨタ社長肝いりの『トヨタイムズ』低調で行き詰まり…香川の不祥事後の異変が話題の画像1
サイトの顔だった香川照之氏の痕跡が一掃された『トヨタイムズ』公式サイト

 銀座の高級クラブでホステスのインナーウェアを剥ぎ取るなど、刑法に抵触する可能性のある性加害を加えていたことが報じられた俳優の香川照之氏(56)。スキャンダルによるCM降板がスポンサー企業から相次いで発表され波紋を広げている。

 そんな中、メディア関係者にわかに注目を集めているのが、トヨタ自動車の豊田章男社長の肝いりで2019年に設立されたオウンド(自社)メディア『トヨタイムズ』の行く末だ。

 香川氏はトヨタイムズの編集長に起用されていた。トヨタ広報部は今月1日、メディア各社の取材に対し、同氏が出演するテレビCMの放送などを含む同氏との「プロモーション契約」を今年末に終了する方針を示した。時を同じくして、Twitterやトヨタイムズ公式ウェブサイト上に掲載されていた香川氏の写真や連載などが一斉に削除されるなどして、閲覧不能になった。

記者へのヘッドハンティングも沈黙

 そもそもトヨタイムズは、トヨタに批判的な報道をする大手マスメディアに対抗し、「自前のニュースサイト」を設立する意図で設立されたと言われている。運営には大手広告代理店の電通が絡んでいるとの報道もある。

 編集長が純粋な報道関係者では“アイキャッチに欠ける”ので、広告塔として起用されたのが香川氏だった。全国紙社会部記者は語る。

「香川氏は昨年4月、豊田社長の息子の豊田大輔氏(ウーブン・アルファの代表取締役)の結構披露宴に呼ばれていたことがわかっています。トヨタというより豊田家との縁の深かったと見ていいと思います」

 一方、知名度の高い香川氏で世間の注目を集めながら、「ニュースサイト」としての信頼性を担保するため、元テレビ東京アナウンサーの森田京之介氏や元テレビ朝日アナウンサーの富川悠太氏ら取材実績もある“メディアの顔”を次々に引き入れ、一時、大きな話題となった。

 しかし、トヨタによるメディア関係者の引き抜きは、富川氏や森田氏にとどまらなかったようだ。大手経済誌記者は次のように語る。

「今年の5月ごろから頻繁にトヨタイムズから声がかかっていました。より厳密にいえば、トヨタイムズから依頼を受けた大手求人広告代理店のエージェントからほぼ毎週のように要請がありました。ところが、香川氏の報道のあった8月末ごろからピタッと連絡がなくなりました。採用も自粛しているのかもしれませんね」

 キー局記者も同様の経験を話した。

「トヨタと関係のある企業関係者から『トヨタイムズの良い求人がある』『あなたのキャリアなら間違いなく採用されるし、今の給料より確実に上がる』などといった話を何度か定期的に振られました。無視していたのですが、やはり8月末ごろを境に一切、その手の話が来なくなりましたね。

 報道の業務はそもそも不採算なものです。膨大な労力や経費がかかるのに、多くの人が思っているほど稼げるわけではない。そんな仕事を好み、あえて選んで続けている人間は、どれほど良い給料を積まれてもトヨタの宣伝記者にはならないと思いますけどね」

RANKING

23:30更新
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合