NEW
「ダイヤモンド」vs「東洋経済」! 経済誌双璧比べ読み(4月第4週)

ライバル両誌が、医療業界ネタで重なった理由を裏読みする!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日の仕事に忙殺されて雑誌を読む間もないビジネスマン必読! 2大週刊経済誌「週刊東洋経済」と「週刊ダイヤモンド」を比べ読み。小難しい特集を裏読みしつつツッコミを入れ、最新の経済動向をピックアップする!

「週刊東洋経済 4/28・5/5合併特大号」の第1特集は、「がん完全解明2012」、第2特集「沖縄経済の実力」、第3特集「検証 米国経済は改善していない!」。いっぽう、「週刊ダイヤモンド 4/28・5/5合併特大号」の大特集は、「クスリ激変 最新薬でここまで治る」だ。

 大手経済2誌がともにこのタイミングで医療物を特集するのは、2年に一度行われる診療報酬の改定がこの時期にあたるためだろう。診療報酬とは医療機関の診療を点数化したもので、この合計点数に見合ったものが医療機関の報酬となる。この点数の配分は厚生労働省が定めるが、厚労省が推進したい項目は点数を重点化するなど、政策的な要素が多い。点数次第で医療業界のお金の流れが大きく変わることもあるほどで、診療報酬の改定は、われわれ患者への影響も大きいのだ。  

 この4月からスタートしたのは2012年度診療報酬改定。診療報酬を審議する「社会保障審議会医療保険部会」の改定の基本方針によれば、今回の改定の視点のいちばんに、「がん医療、認知症医療など、国民が安心して生活することができるために必要な分野については充実していくこと」が必要と、「がん」を重点項目に掲げており、実際に、改定項目も多い。

 改定された代表的な項目は、米国製の内視鏡手術支援ロボット「ダビンチ」を使った前立腺がんの全摘出手術が、4月から保険適用されるようになったことだ。この「ダビンチ」は医師が遠隔操作で内視鏡手術を行うもので、これまでの腹腔鏡手術より出血量が少なく、入院日数も短縮できるとメディアでも何度か大きく紹介されていたものだ。

 これまではおおむね100万円以上の自己負担が必要だったが、前立腺がんの全摘出手術については保険適用となり、自己負担額は1割負担の場合、10万円弱、3割負担の場合、30万円弱になったのだ(「週刊東洋経済」第1特集「がん完全解明2012」「前立腺がん ロボット手術に保険 新薬の登場にも期待」)。

薬局ごとに薬代が異なってくる理由とは!?

「週刊ダイヤモンド」(4/28・5/5合併特大号)

 まずは「週刊ダイヤモンド」、大特集は「クスリ激変 最新薬でここまで治る」。「Part1 難病に挑む新薬の最前線」では、がん、関節リウマチの新薬の最前線を紹介する。近年、続々と新薬が投入されている抗体医薬の多くは、「分子標的薬」と呼ばれる新しいタイプの薬だ。これまでの薬はがん治療であれば、正常細胞も攻撃してしまう性質があり、さまざまな副作用が強く出る傾向にあったが、分子標的薬は病気に関する特定の部分だけをピンポイントで攻撃するために、副作用が少ないとされている。

 ただし、分子標的薬の効果は患者の体質により変わってくる。この3月末に厚労省が製造販売承認した肺がん治療薬(分子標的薬)の「ザーコリ」の効果がある患者は肺がん患者の4%に過ぎないという。これからは患者の体質にあった治療「個別化医療(オーダーメード医療、テーラーメード医療)」の時代になるという。

「Part2 開発競争続く注目の病気」では、患者数800万人とされる糖尿病、日本人の死亡原因の3位である脳卒中の予防薬、加齢黄斑変性・緑内障などの眼の病気への画期的な新薬などを紹介。「Part3 家族を守る予防&治療薬」では、子どもの病気、女性に多い病気、精神と心の病、認知症の最新治療薬事情が紹介されている。