NEW
就職難でお困りの方は必読?

0円で楽園生活を満喫できる!? 刑務所"志望"者が急増中

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DVD『刑務所の中』
(ジェネオン エンタテインメント)
「就職難だから食えないなんてウソウソ! 何か適当な犯罪を犯せばいいんだよ。留置場から始まって、拘置所、刑務所、出所後も更生保護施設【編註:主に刑務所を出所した人を収容し、自立した生活ができるまで面倒をみる施設】に生活保護まで、全部国が面倒みてくれる。ある意味、わしらも公務員といっしょやで。人殺めたりせんかったら、誰に迷惑かけているわけでもないしな」

 現在生活保護を受けているという元受刑者は、悪びれずこう語る。いま日本には、老若男女年齢問わず、就職できずに困っている人がたくさんいるが、そんな人たちが行き着く先のひとつが、「犯罪者」という名の"キャリア"だ。犯罪者になることで、食い扶持を得ようとする輩は、年々、増え続けているという。時折、スポーツ紙や週刊誌などでも目にするこの話は、はたして事実なのだろうか。

「2011版の『犯罪白書』にもあるように、1991年から10年まで、65歳以上の高齢犯罪者は右肩上がりで増加の一途。これら高齢犯罪者の多くは窃盗犯。モノ盗り目的ではなく、捕まることが目的と思ってもいい。実際、こうした高齢犯罪者に接見すると『センセイ、俺、実刑がええですわ』と言うのもいるし、公判でも『社会に出たくない』と言うのまでいますから。高齢者はもちろん、若年層でも刑務所に入りたくて犯罪を犯す人は、肌感覚で増えていると思うし、この手の人は再犯率も高い。警察官と雑談していても、そんな話が出ます」(刑事事件を数多く手がけている弁護士)

 事実、前出の『犯罪白書』でも伝えられているように、刑務所など刑事施設の収容者数は、バブルが崩壊した91年は約4万5000人だったが、以降増加の一途を辿り、06年にはついに統計のある56年以降のピークとなる8万1225人を記録した。一昨年の10年は7万2975人と、06年と比べ約8000人しか減少しておらず、バブル経済崩壊以降は増加トレンドにあるといえよう。

 そこで、警察官、法務省職員、更生保護施設職員、地方自治体の生活保護担当者など関連する行政側の話を総合すると、おおむね次のような実態が見えてきた。

 昔から不況による就職難などのため、食い扶持を求めて懲役志願で犯罪を犯す"刑務所太郎"はいた。特にバブル崩壊以降、その傾向が顕著であったが、今ではワーキングプアにみられる貧困層はもちろん、その気になればいつでも働ける「普通の人」まで、刑務所入り目的で犯罪に手を染めるまでになった。一度刑務所生活を経験すると、その居心地の良さになれてしまい、何度でも刑務所に舞い戻ってくる。これでは矯正教育(=刑務所)の意味をなさない。加えて刑務所を出所してからも、希望すればほぼ誰でも更生保護施設へ入所でき、その後も生活保護受給と手厚いセーフティネットに守られる......。

 これだけ読めば、刑務所に入って国や地方自治体に面倒を見てもらおうと考える輩が増えるのも、頷けるというものだ。受刑者たちの"恵まれた境遇"の実態について、更生保護施設職員は次のように語る。

『刑務所の中 特別版 [DVD]』


懲りない面々とは違う面白さ!

amazon_associate_logo.jpg