NEW
“モリゾウ”社長に社内からも「アホづら」と陰口

株価低迷のトヨタは豊田章男社長で立ち直れるのか?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

post_114.jpg
所詮は、おぼっちゃまの道楽?(「toyota 86」公式サイトより)

 5月9日、1年ぶりに決算発表会見に姿を見せたトヨタ自動車の豊田章男社長(56)は「いいクルマを作り、収益につなげ、再投資して、いいクルマを作る」と"いいクルマ教"の教祖として面目躍如だった。

 今期(13年3月期)の連結営業利益は、前期比2.8倍(12年同期比)の1兆円を目指す。「最低ラインとして1兆円の利益を確保したい」と決意を述べた。

「数値目標を出すと数字が一人歩きする。トップが数値を掲げてそれが絶対目標になると、経営がおかしな方向に向かう」

 章男社長は、常々こうした強い思いを持っていたが、決算発表ではこの思いを引っ込めざるを得なくなった。

 というのも今回の決算のキーワードは、「営業利益1兆円」だったからだ。自動車担当アナリストの予想営業利益のコンセンサス(平均)は、1兆391億円。アナリスト・コンセンサスを下回ると、強気の予想を発表しても株は売られる。「章男サンに1兆円と言い切る度胸があるかどうか」(ライバル会社の経理担当役員)と注目されていた。日本経済新聞が決算発表直前に前打ちした記事(4月30日付朝刊1面)によると「営業利益は8000~9000億円」だった。事実、社内には円高や欧州の経済危機に伴う販売の足踏みを考慮して、見通しを9000億円台に抑えるシナリオがあった。しかし、最終的に1兆円の大台乗せを決め、章男社長は退路を断った。

 08年3月期に営業利益2兆2704億円と過去最高を記録したが、リーマン・ショックによる消費低迷のあおりを受け翌09年同期には営業赤字に転落。その後も利益は低迷を続けた。営業利益が1兆円の大台を回復すれば、5年ぶりのこととなる。

 今でも語り草になっているが、章男社長の施政方針演説ともいえる「トヨタ・グローバル・ビジョン」が東日本大震災の2日前の昨年3月9日に発表された。この時点で「連結営業利益率5%、営業利益1兆円程度」を掲げた。今回の決算見通しと同じ数字だ。株式市場はトヨタは本来の競争力を取り戻したのかと注視したが、東日本大震災で同ビジョンは幻となった。章男氏は数値目標から遠ざかり、いいクルマ作りしか言わなくなった。

 営業利益率も前期の1.9%から、今期は4.5%に回復する見込みだ。だが、競合他社に比べると、まだまだ見劣りする。ホンダは2.9%から6.0%に急回復する見通しを示しており、11日に決算発表予定の日産自動車の12年3月期の営業利益率は5.4%と推定されている。今期、これを上回るのは確実だ。過去を振り返るとトヨタの08年3月期の営業利益率は8.6%。この時期にはホンダや日産を上回っていたが、その後は両社の後塵を拝している。

 収益回復のテンポが鈍い最大の原因は、国内の高い固定費と生産の海外移転の遅さにある。一言で言うなら超円高に対応するグローバル化が進んでいないのだ。「国内生産300万台」に章男氏は固執しており、今期のトヨタ、レクサスブランドの生産台数は340万台だ。