NEW
「ダイヤモンド」vs「東洋経済」! 経済誌双璧比べ読み(5月第2週)

二股連載・野口悠紀雄のコラムに助けられた? 今週の大手経済2誌

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

post_112.jpg

毎日の仕事に忙殺されて雑誌を読む間もないビジネスマン必読! 2大週刊経済誌「週刊東洋経済」と「週刊ダイヤモンド」を比べ読み。小難しい特集を裏読みしつつツッコミを入れ、最新の経済動向をピックアップする!

<起業がしやすくなった! がその先のコストには触れていない「ダイヤモンド」 >

「週刊ダイヤモンド 5/12号」の大特集は、「その経験はカネに変わる! サラリーマンのらくらく起業術」。年金受給開始年齢の引き上げもあって、60歳定年の会社では会社人間をまっとうできなくなってきた。ならばいっそ、これまでの経験を生かして一発勝負を! というゴールデンウイーク明けの会社に行きたくな~い人々の心を鷲づかみにしようとする企画だ。

「経験をカネに変える」とあるように、読者想定層は50代と高め。「還暦を迎えてからの起業で30歳とタッグを組んだ理由」というインタビューに出てくるライフネット生命保険社長の出口治明氏がロールモデルのようだ。

 そんな特集のPART1は「今時のデジタル起業ツール」として、ネット革命によって起業というハードルはかつてより格段に低くなっている現状をレポートしている。会社設立はサイト「会社設立ひとりでできるもん」、人脈はSNS(ソーシャルネットワーク)、電話はスカイプ、資金はクラウドファンディングでらくらくに起業ができるという。たしかに、かつてよりは格段に起業しやすいが、こうしたツールを使いこなせる50代がいれば、今の会社でそのスキルを十分に発揮し独立の必要がないか、すでに独立しているのではないかとツッコミをいれたくなる内容だ。

 また、こういった特集ではありがちな、起業の成功者を紹介する記事も特集PART2「事例で見る脱サラ起業の要諦」に掲載されている。しかし、こうした成功談に登場する成功者は大手メーカー社員や大手コンサル会社社員など、人脈やノウハウなどが十分で独立がほぼ約束されたような人々なうえに、前向きな性格の人が多いので失敗点がなかなか出てこない点に注意が必要だ。結局、記事全体がバラ色の起業しか描けなくなってしまうのだ。この特集もその懸念は的中する。

 特集の中で表として掲載されている日本政策金融公庫総合研究所の「新規開業実態調査」の「開業前の支出予想との相違」を見ても「開業前には知らなかった支出がある」という項目は40%超とダントツなのだが、開業後にいくらお金がかかるのかという起業にとって重要なポイントは残念ながらこの特集ではフォローされていない。

 実は、開業前のハードルは下がったものの、開業後の出費は相変わらず高いままだ。賃料、人件費のほかに、税金に社会保険料の会社負担分など、さらに「こうした出費を下げますよ」と寄ってくる税理士や社会保険労務士への顧問料もかかる......。ゴールデンウイーク明けの憂鬱な一週間の始まりに「独立をすすめる」にはバラ色すぎて無責任な内容かもしれない。