NEW
恋愛で人生を踏み外す黄金パターン

“二股”塩谷瞬は被害者だった!? 29歳、34歳女に要注意!

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

塩谷瞬、沢尻エリカ、高岡蒼佑がそろって出演
していたのが映画『パッチギ』。どんな映画やねん!
(「週刊SPA!」<扶桑社/5月15日号>より)
恋愛カウンセラーで、『彼に「愛している」と言わせるSEX』(扶桑社)などの著書を持つケータイ作家・吉原杏が、多くのビジネスパーソンが口には出せないが抱えている、恋愛や性の悩みを解決する。

 冨永愛(モデル)と園山真希絵(料理研究家)との二股交際が発覚し、メディアを騒がせているのが塩谷瞬(俳優)だ。

 マスコミ報道によると、塩谷は冨永と園山の両方に対して、ほぼ同時期に結婚の約束をしていたことが発覚。5月1日、塩谷はマスコミ各社にコメントを送り、同日、自らマスコミの前に登場し、2度にわたって会見をした。ふたりの女を振り回した男の悲劇として語られている。

 冨永は9歳の子どもを抱える29歳のシングルマザー。一方、園山は34歳の独身である。このふたりを有名人ではなく、たんなる女性として考えてみると、一方的に塩谷だけが悪いとはいえないように、恋愛カウンセラー兼占い師の私には思えてならない。

 なぜなら、あくまでも

 9歳の子ども付きの29歳女性 vs. 34歳独身女性

として考えた場合、29歳の男性から見れば、真剣に結婚を考えるというよりも、友だちか遊び止まりの相手ではないかと思えるからだ。

 私自身の体験から考えても、1歳の息子を抱えたシングルマザーに対して、真面目に愛を注いでくれた男性はひとりもいなかった。例えば、結婚前から友人関係にあった5歳年上の男性の場合は、私が離婚後「心配だから」とアパートに頻繁に来るようになり、私の手料理を「おいしいなぁ」と満面の笑顔で食べ、「キス以上セックス未満の関係」にまで発展し「再婚」の二文字を思い浮かべたりもした。が、「俺、独身主義だし、子どもがいるのはキツイよ......」と逃げ腰。そのまま友人関係を続けていたが、ある日突然「オレ、ほかのオンナと結婚するから」とピリオド宣言。私のひとり芝居だったことに気づくことになる。その後、「キミと性的な関係を持ちたいし、子どもの父親にもなりたい」という奇特な男には出逢わなかった。


やはり子持ちバツイチ女は結婚できない!?


 もちろん、子ども付きシングルマザーを好む男性もいるが、かなりの高齢か、あるいは子種がないか、(滅多にいないが)かなりの資産を持つ博愛精神主義者だろう。それ以外は、男性にも養育中の子どもがいる場合ではないか、と考えられる。これは、男女をそっくり逆にしたケースでも同様であろう。

 私の場合、最初の結婚相手は、離婚した前妻との息子を年間のうち1カ月間(夏休み中)預かることになっていた。結果的には、この息子が私たち夫婦の離婚原因になった。

 預かっていた子どもの年齢は12歳の思春期。さらにその時、子どもの母親=夫の先妻は別の男性と再婚をしていたが、離婚調停中だった。至極当然だが、大半の子どもは実の両親に養育されることを望むため、私と夫の仲を裂くことに必死! その結果、ふたりは不仲に追い込まれていく。

『道をひらく』


園山真希絵への微妙な違和感を抱く世間は正しい。

amazon_associate_logo.jpg