NEW
スポーツライター小宮良之の「フットボールビジネス・インサイドリポート」第1回

金の力が欧州クラブを席巻! 世界サッカーの最新経営術

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

post_394.jpg
“黒い宝石”の異名を持つエトー。ロシアで一層
輝くか?(「wikipedia」より)

「俺は死力を尽くしてプレーしているんだ。プロ選手は対価をもらって当然だろ? 別に金に汚いわけではないさ」

 カメルーン代表で世界有数のFWの一人、サムエル・エトーはかつて、「プロとは?」という私の問いに対し、鼻を鳴らしてそう答えていた。その後、エトーは彼なりの“プロの流儀”を見せている。名門インテルで欧州最高峰の舞台に立っていたにもかかわらず、年俸22億円を提示したロシアリーグのアンジ・マハチカラに移籍したのだ。

 アンジはサッカークラブとしての知名度は低い。UEFAチャンピオンズリーグに出場したことがないどころか、2008年までは2部のクラブだった。11年に富豪投資家スレイマン・ケリモフ(天然ガス会社や有力銀行株の売買などで、記録的な富を得た)が会長に就任してから、金に糸目を付けないチーム作りを展開。監督に元韓国代表監督のフース・ヒディングを招聘し、ロベルト・カルロスのような往年のスターだけでなく、ロシア代表ユーリ・ジルコフを獲得するなど大金をちらつかせて強化に乗り出した。

 では、エトーは“銭次第で動くスポーツ選手”の典型だろうか。

 しかし、彼の行為は不道徳などという言葉では片付けられない。

 プロのスポーツ選手は、ピッチで力を発揮するためのエネルギーの源泉を求めている。高いサラリーはその一つ。高給をもらっていることは、それだけの責任であり、湧き出す力にもなる。金の力は魔物なのだ。

 2011−12シーズン、欧州を制したチェルシーFCは、純資産だけで推定1兆5000億円以上の大金持ちロマン・アブラモビッチが会長を務めている。03年にチェルシーの会長に就任したアブラモビッチは、当時クラブが抱えていた200億円近い借金を“一回払い”で完済。FCポルトを欧州の頂点に立たせたばかりのジョゼ・モウリーニョ監督を招聘し、次々に有力選手をポケットマネーで買いあさった。

 こうした金満クラブの政策に、「札束でケツを叩くだけで強くはならない」と多くのサッカーファンは反発していた。

 しかし、アブラモビッチが会長に就任して以来、プレミアリーグ3度優勝、FAカップ4度優勝などクラブは隆盛を極めようとしている。かつて、あるロシア人エージェントは「アブラモビッチは相当危ない橋を渡っている。暗殺されないための表の顔として、サッカークラブの会長を派手にやっているんだ」とうそぶいていたものだが、どんな理由であれ、マネーパワーの威力は凄まじい。

『サッカー「海外組」の値打ち』


海外クラブはお給料がいいのね。

amazon_associate_logo.jpg