NEW
松江哲明の経済ドキュメンタリー・サブカル・ウォッチ! 【第1夜】

引くほどオタクな海洋堂が平然とドキュメンタリーになる日本

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

post_809.jpg
日本のものづくりに求められるのは“オタク力”と痛感。
(「カンブリア宮殿HP」より)
――『カンブリア宮殿』『ガイアの夜明け』(共にテレビ東京)『情熱大陸』(TBS)などの経済ドキュメンタリー番組を日夜ウォッチし続けている映画監督・松江哲明氏が、ドキュメンタリー作家の視点で裏読みレビュー!

今回の番組:9月27日放送『カンブリア宮殿』(テーマ:海洋堂)

 村上龍が「はぁー」とため息をついたかと思えば、「すげーすげー」と子供のような笑顔でモニターを指差す。『カブリア宮殿』の歴史でもなかなかない映像だ。だが、そんな気持ちもよく分かる。僕もつい先日、今回のテーマになった「海洋堂」のフィギュアをガチャガチャで購入したばかりだったから。

 東京現代美術館で行われた『特撮博物館』(〜10月8日まで)は、昭和のミニチュア技術を「これでもか!」と魅せる最高の催しだった。会場には家族連れがいっぱいで、子供に負けじと大人も楽しそうだった。僕も十分に満喫し、夏の思い出になった。中でも新作映画『巨神兵東京に現る』は素晴らしく、CGでは実現不可能なアナログの贅沢さをいっぱい味わえた。

 で、売店に置かれたガチャガチャで売られていたのが海洋堂のフィギュア。そこで見た映像の力強さが造形として再現され、1回500円とちと高めだが、博物館を満喫した勢いも手伝って「えい」とガチャガチャしてしまった。家に帰っても興奮は収まらず、展示品のあれこれを思い出しながら作る巨神兵はなかなか楽しいものだった。そんな経験をしたばかりだったから、番組中の龍氏の興奮にも共感できたのだ。

 番組でも触れていたが、海洋堂のフィギュアは格が違う。「これも重要なんですか?」とディレクターが呆れようとも、職人は金魚の尾びれの裏まで描き込む。美少女フィギュアを作り続けて30年 の天才に対してもキャメラが向けられた。彼はプラモ好きの少年が大人に混じって造形を始めたきっかけをどこか誇らしげに語るが、ほとんど外に出ることもなく造形を続けている。女性と接することもなく、グラビアを参考にお尻のラインを、バストを、研究しフィギュアを作って来た。今回、番組を見て「時代が変わったなー」と思わされたのは、かつてこういった「オタク」が取材がされる時は「やってることは凄いけど、気持ち悪いよね」というどこか小馬鹿にするような視点が映像に見え隠れしていた。しかし今は社会や状況が変わった。

 そして今回、衝撃的だったのは、第二次世界大戦時のドイツ軍の大砲が出て来たことだ。海洋堂は模型では飽き足らず実物を購入してしまったらしい。軍服を着た社員一同の写真も紹介されていたが、これ、国によっては完全にアウトではないのか。