NEW
芸能界の内実など、現実社会のリアルな描写も話題に

主人公は右翼の女子高生、著者は経営者…異色の小説がブーム!?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『大日本サムライガール 3』
(星海社/至道流星)
 「主人公は、政治の頂点を目指す右翼かつタレントの女子高生」
 「著者は現役の企業経営者」
 「芸能界をはじめとする現実のビジネスや社会に関する内実について、リアルな描画」

 こうした特徴を持った、ある異色のライトノベルが売れている。

 日本を根底から変えることを目指すひとりの女子高生が、芸能プロダクションを立ち上げた男性とタッグを組み、政治結社の党員を集めるべくアイドルへと転身、世間を席巻していく様子が描かれた『大日本サムライガール』(星海社)である。今年7月に出版された第1巻はすでに3刷となり、20〜30代を中心に大きな反響を呼び起こしている。

 そして今回、第3巻が出版されたのを機に、著者である至道流星氏に

 「なぜ経営者という本業がありながら、小説を執筆するのか?」
 「2つの顔をどのように両立させているのか?」
 「奇抜なストーリー設定は、どのように着想したのか? そして今後の展開は?」

などについて語ってもらった。

ーー至道さんは、企業経営者という本業を持つ傍ら、「ライトノベル」を執筆する異色の小説家ですが、そもそも、小説を書くようになられたきっかけはなんだったのでしょうか?

至道流星氏(以下、至道) 私は大学在学中に会社を創業し、一貫して経営者としてキャリアを積んできました。そして数年前、誰に頼まれたわけでもなく、当初はなんとなくビジネス書を書いてみようと思い立ちました。書き進めるうちに、「これはフィクション仕立てにしたほうが面白いのでは」と思い、小説の形式で書き、09年に講談社BOX新人賞へ応募したところ、大賞を取ってしまったというのが実際のところです。その大賞受賞作品である『雷撃SSガール』(講談社BOX)が、そのままデビュー作として出版されました。

ーー小説の書き方などは、どのように学んだのですか?

至道 まったくの自己流です(笑)。そもそも私は、今でも小説含めた一般向けの本はほとんど読みませんし、誰かから小説の書き方を教えられたこともありません。

ーー経営者である至道さんが、小説を書き続ける理由はなんでしょうか?

至道 言い方が難しいのですが、私は小説を書いていること自体が「政治活動」だと思っています。その意味は「自民党を支持する」「民主党を支持する」といった話ではなくて、小説が唯一の社会との接点であり、「小説を通してのみ社会と関わりたい」ということです。それが「政治」という言葉が正しいのかどうか、なんとも言えないですけれども……。私は基本的に「社会と関わりたくない、離れて生きていきたい」と思っていますが、だからといって何もしないわけにはいかない。ならば、小説を通してのみ社会とかかわろうと。それがぼくの唯一の社会貢献なので「政治活動」と表現したわけです。作品と私のプライバシーは完全に切り分けるスタンスでやっています。

ーー至道さんは、小説家の顔を持つ一方で企業経営者でもあるわけですが、「社会との接点」という意味では、この2つは違うものですか?

至道 まったく違います。ビジネスは基本的に自分の生活を豊かにするためにお金を稼ぐ活動です。もちろん、クライアントのためとか、そういう面もあるかもしれませんが、基本的には私は報酬をもらってそれ以上の仕事を返せば、そこで終わりですね。しかし、小説はまったく違うスタンスでやっています。

●空き時間を有効利用

ーー多忙な経営者としての本業がある中で、どのように執筆時間を捻出しているのですか?

『大日本サムライガール 3』


20〜30代を中心に大きな反響を呼び起こしている

amazon_associate_logo.jpg