NEW
有力候補だった大和総研・武藤理事長に暗雲

安倍政権で竹中平蔵日銀総裁に!? 迫り来る日銀人事舞台裏

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

post_1094.jpg
まさかの再浮上となるか?
 現在、記者・ジャーナリストによる企業人事取材のメーンターゲットは、次期日本銀行総裁と日本経済団体連合会会長だ。日銀総裁は2013年、経団連会長は14年に交代する。

 日銀総裁は国会承認人事のため、来年4月8日で任期満了になる白川方明総裁の後任人事は、年内に決める必要がある。本来なら今時分は、ポスト白川の下馬評で盛り上がるところだが、それがさっぱりだった。年末の衆議院解散が決まるまではそうだった。

「ポスト白川の大本命は、大和総研の武藤敏郎理事長でした。大手銀行の首脳たちも『学者肌の白川さんの後釜は、財政に明るい人がいい』と武藤待望論を口にしています」(全国紙の記者)

 また、有力な金融アナリストも「財務省は同省出身者で金融緩和にある程度積極的な姿勢を示しつつも、日銀による外債の購入に否定的な武藤氏を推す可能性が高い」と分析する。

 武藤氏は、財務省の初代事務次官を経て、日銀出身の福井俊彦前総裁の時(03年〜08年)に副総裁をやり、ポスト福井の最右翼だったが、財政と金融の分離を主張する野党時代の民主党が総裁就任を拒否した。日銀総裁の座は、日銀プロパーと旧大蔵省(現・財務省)事務次官経験者が交互に就くのが慣例となっている。08年には混乱の末に、日銀出身で京都大学大学院教授に転じていた白川氏に、そのお鉢が回ってきた。

 ところが、自民党・安倍晋三政権の誕生が秒読みに入り、日銀の総裁レースは、にわかに波乱含みとなってきた。「竹中平蔵・慶應義塾大学教授が起用される」とのサプライズ人事が金融界の一部で取り沙汰され始めた。“安倍首相”になれば、5年に1度の総裁の交代の機会を捉え、金融緩和に積極的な総裁を起用する可能性が高いというわけだ。その有力候補に竹中氏が浮上してくるとの読みである。

 安倍総裁は11月17日、熊本市で講演し、次の日銀総裁について「インフレターゲットに賛成してくれる人を起用したい」と述べた。しかし、自民党が勝っても衆参のネジレ国会は続く。政権党といえども、意のままに日銀総裁を決められるわけではない。

 インフレターゲットとは、簡単に言うと物価下落と不況の悪循環を断ち切るために一定の物価上昇率を決め、その目標を達成するまで金融の緩和を継続するということだ。安倍氏のインフレターゲットは、消費者物価上昇率で3%。白川・日銀は1%を物価上昇の目途(インフレターゲットとは口が裂けても言わない)としており、2%や3%の物価上昇率は現実的ではないと否定的な立場を貫いている。

 大胆な金融緩和という言葉から連想ゲームのようにして、小泉純一郎政権時代に金融相や経済財政担当相を歴任した竹中平蔵の名前が挙がってきたわけだ。竹中氏は4月、海外通信社によるインタビューで「中央銀行は市場からモノを買ってマネーを供給する。最も買いやすいものは中央銀行のバランスシートにとって最もリスクの小さい国債だ」と日銀による国債の買い上げに言及。「国債を全部買って、もう買うものがないというのであれば、外債などほかのものを考えればよい」と主張した。

 だが、竹中・日銀総裁説は正直に言って筋悪だ。仮に衆議院で自公が過半数を制したとしても、依然としてネジレ国会が続く参議院で竹中・日銀総裁が承認されることはないだろう。