NEW
松江哲明の経済ドキュメンタリー・サブカル・ウォッチ!【第12夜】

“暴走”テレ東&池上彰選挙特番、ベトナムにもスゴさ伝わる!?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

池上彰
『池上彰のやさしい経済学―1』
(日本経済新聞社)

ーー『カンブリア宮殿』『ガイアの夜明け』(共にテレビ東京)『情熱大陸』(TBS)などの経済ドキュメンタリー番組を日夜ウォッチし続けている映画監督・松江哲明氏が、ドキュメンタリー作家の視点で裏読みレビュー!

今回の番組:12月16日放送『TXN衆院選SP「池上彰の総選挙ライブ」』(テレビ東京)

 12月16日、『TXN衆院選SP「池上彰の総選挙ライブ」』放送時、僕は日本にいなかった。自作『ライブテープ』の上映と大学の講演でベトナムのホーチミンにいた。そしてこの原稿を書いている今も、原付やスクーターの轟音と車のクラクションとにわとりの「コケッコー」を聞きながら30度を超える暑さの町にいる。

 そんな状況なので、僕は今回取り上げる作品を見ていない。でも書きたい。なぜなら悔しいから。で、もし見ていない人がいるとしたら、こんな番組があったことを知って欲しいから。そして僕と一緒に後悔しましょう。

 あの日は放送が開始された19時58分を過ぎたころからメールが届き始めた。「テレ東、ヤバい」「とにかく見ろ」と。ツイッターをチェックしてみると「池上さん、もっと」「容赦ない」という単語が並ぶ。

 一体、テレ東に何が起こっているのか。

 だが、同時に流れるツイートを読むことで選挙の結果も分かってきた。僕がリツイートする人たちは残念な気持ち、悔しい想いをつぶやいている。僕は今回初めて投票したという20歳の女性のことを思い出した。彼女は同世代の友人たちが選挙に行かないことを嘆き、震災後の日本の社会の雰囲気に憤りを感じていることを訴えていた。僕は「あれだけの津波と原発事故が起きても変わらないんだよ、日本は。それは海外から見たらおかしなことかもしれないけど、この国にいるとそんな意識を保てなくなる気がする」と答えた。だから選挙の結果にも僕は違和感を感じることはなかった。一方ツイッターでは池上彰氏への賛辞が止まらない。

 一体、池上彰氏は生放送で何をやっているのか。

 だが、ここベトナムのホテルで映る日本のテレビ局はNHKのみ。国内でもテレビ番外地の、テレビ東京が映るはずもない。ホテルに戻ったところで見れないのなら、今はエビの春巻きを食べて、ビールを飲むぞ、と心を決める。僕はベトナム料理を楽しむことにした。

 が、番組の凄さを知るのはホテルに戻った後だった。早速まとめサイトが作られていて、そこを読んでみる。並ぶのは信じられない言葉の数々。当選者発表の際には、石原慎太郎には「暴走老人」、東国原英夫には「たけし軍団→知事→国会、おそるべき上昇志向」というテロップが付いていたらしい。確かにそうだけど、そこをクローズアップするのか、テレ東よ。やるじゃないか。放送作家の絶妙なシャレっ気を感じる。そしてディレクターの批評精神も。相当な覚悟とほんの少しの怒りさえも感じてしまうのは僕だけだろうか。

『池上彰のやさしい経済学―1』


石原「やさしくないじゃん」

amazon_associate_logo.jpg