NEW
ニコ動がメルマガ&ブログという新サービスを放った狙いとは?

炎上は成功?小沢一郎、GACKT…有名人たちが始めたブロマガって何?

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ブロマガ HP」より
 今、ネットでは、何度目かのメルマガ(メールマガジン)戦国時代を迎えている。

 津田大介氏の『メディアの現場』や佐々木俊尚氏の『ネット未来地図レポート』など、名だたるジャーナリストがこぞって有料メルマガを発行。お金を払ってでも読みたいというファンが購読して、きちんとしたビジネスになりつつある。

 そんな活況を見てかIT企業のドワンゴは、8月21日から動画共有サービス「ニコニコ動画」の一環として「ブロマガ」という新サービスを始めた。ブロマガとは「ブログ・メルマガ」を略した造語。テキストだけでなく、写真や動画、生放送の配信なども提供できたり、メール/ウェブブラウザー/電子書籍(EPUB)と、読む手段を選べるのがメリットといえる。何よりブログとは異なり、コンテンツに対して好きな価格で月額/単体課金できるのが大きい。

 少々ややこしいのだが、もともとニコニコ動画は「ニコニコチャンネル」という企業/団体向けの場所を用意しており、企業や政党が生放送でPRしたり、映画やアニメを販売したりといった活用をされていた。このチャンネルをカスタマイズし、ジャーナリストやネットの有名人に開放したのがブロマガだ。

 ドワンゴによれば、サービスの開始からおよそ1カ月の9月18日には、有料登録者が1万人を超えたとのこと。「iモード」をはじめとするケータイはともかく、パソコン向けネットの世界では、長らくテキスト情報でお金を取るのは難しい状態が続いていたが、ブロマガはそこに一石を投じられるだろうか?

 ドワンゴの子会社でニコニコ動画を運営しているニワンゴの杉本誠司社長と、ブロマガを担当するドワンゴのニコニコ事業本部企画開発部の宮原セクションマネージャにお話を聞いた。

●ブログとメルマガの、いいとこ取りをしたサービス

――今、どんな方がブロマガに参加されているんでしょうか?

杉本誠司氏(以下、杉本) 本当に多様な方々が参加されています。政治系では、小沢一郎さん、猪瀬直樹さん、石破茂さん、ジャーナリストでは田原総一朗さん、津田大介さん、佐々木俊尚さん、上杉隆さん。そうかと思えば、アーティストのGACKTさん、小説家の岩崎夏海さん、デヴィ夫人、コスプレイヤーのうしじまいい肉さんなども参加されている。

宮原氏(以下、宮原) 映画監督の押井守さんなど、今までニコニコ動画でコンテンツ展開されていなかった人も増えています。有料ブロマガのランキングを見ると、小沢さん、GACKTさん、うしじまさんが並んでるというのが象徴的ですよね。みなさん「カオス」と表現されますが、実生活ならそこまでセグメントを分けしないし、いろいろな人が隣り合って生活している。

――どういう使われ方をしているんでしょうか?

宮原 それも人それぞれです。文字や画像、動画、生放送を著者の使いたいように使えるサービス。例えば、ミリオン出版で「実話ナックルズ」などの編集長をされていた久田将義さんは、この前、生放送を通じて会員数を数百人単位で増やされていた。

杉本 文章が書けない人でも、課金コンテンツができてしまう。他のサービスでは、テキストや画像は投稿できるけど、動画や生放送は他社のものを使うというサービスも多い。なんだかんだいってニコニコ動画は、その辺をワンストップで押さえている。

『できる大人のモノの言い方大全』


ブロマガでモノの言い方も学べる?

amazon_associate_logo.jpg